USB充電器「RAVPower RP-PC128」レビュー。USB type C×2ポートかつ片面90W対応のGaN採用小型モデル

USB充電器「RAVPower RP-PC128」レビュー。USB type C×2ポートかつ片面90W対応のGaN採用小型モデル

USB充電器やモバイルバッテリーなどの電源系アクセサリを販売しているRAVPowerより、USB PD充電ポートを2つ搭載している最新モデル「RAVPower RP-PC128」をレビュー用に提供頂きました。


RAVPowerのRP-PC128はUSB type Cポート搭載の充電器。GaN(窒化ガリウム)を採用する事で小型化を図っているシリーズの最新モデルとなっています。今回レビュー用の製品サンプル、及び記事末にて掲載しているAmazonで利用可能な割引クーポンをメーカーより提供頂いたので紹介していきます。

USB PDに対応した2つのUSB type Cポートを搭載し、それぞれ単独で90Wの出力に対応したモデルとなっています。また、2つのポートで同時に充電する場合、それぞれ45W、合計90Wまでの出力が可能。

参考までに、Appleのサポートページに掲載されているMacBookシリーズの付属充電器の出力ワット数は以下のとおり。

MacBook(12インチ) 29W/30W
MacBook Air(13インチ) 30W
MacBook Pro(13インチ) 61W
MacBook Pro(15インチ) 87W
MacBook Pro(16インチ) 96W

つまり「MacBook」「MacBook Air」に関しては2台同時にフルスピードで充電可能、13インチと15インチのMacBook Proは1ポートのみ利用でフルスピード充電が可能、16インチのMacBook Proは付属充電器の96Wよりは一歩手前のスペックの充電器となっています。

また、iPhone(iPhone 8以降のモデル)はLightning – USB type Cケーブルで18WのUSB PDで高速充電ができ、約30分で最大50%まで高速充電が可能とされています。

それでは、実際のパッケージの中身を見ていきます。

パッケージには充電器本体と小さなマニュアルのほか、付属品として5A(100W)までの高出力USB PDに対応したeMarkerチップ内蔵USB type Cケーブルが同梱。3A/60Wを超える高出力なUSB PD充電には対応ケーブルが必要なため、同梱されているのは良心的。

こちらが充電器本体。以前レビューした1ポート61Wの充電器と同じ意匠を引き継ぎつつも、2ポート化して一回り大きくなった格好です。

USB type Cポート2つと通電インジケーターを前面に搭載。

背面のコンセントプラグは折りたたみ式。

取り出したところ。やはり折りたためるのは持ち運びを考慮すると他の機器を傷つけないために必須のポイント。

Apple純正87W充電器とサイズ比較

15インチMacBook Proに付属する87Wの純正充電器とサイズ感を比較したところ。1ポート87Wの純正充電器よりもポート数も出力も上回っているにも関わらず、これだけコンパクトに収まっているのは流石GaN採用モデル。

MacBook Proを充電して出力をチェック

実際に15インチMacBook Proにケーブル1本のみを接続して充電してみたところ。約79Wと、十分にMacBook Pro側のカタログスペックの87Wに近い出力で充電できています。

続いて15インチMacBook Proに加えてMacBook Airも同時に接続したところ。製品の説明通り片面最大45Wに制限されるため、MacBook Pro側は約42Wと、45W未満に抑えられています。

時代を先取りした小型・2ポート・高出力PD充電器

2019年はGaN採用で小型化を図った「1ポートの小型USB PD充電器」に多くのメーカーが参入し製品カテゴリとしてトレンドになりましたが、それに続く2020年のトレンドが「複数ポートPD充電器」になっていく事を予感させるのが今回のRAVPower RP-PC128だと感じました。

最大90Wが出せるのは1ポート利用時限定で、2ポート利用時は45W×2に性能が抑えられてしまうという点に注意は必要なものの、これだけの大きな出力のPD充電を2つもコンパクトに持ち運べるのは今までのラインナップには無かった魅力。

13/15/16インチMacBook Proユーザーの持ち運び常用充電器としてもおすすめで、実際のユースケースとしては「1ポートでMacBook Proをフルパワーで使う」「MacBook Proは中程度の速度で充電しつつ、iPadやiPhoneも並行して充電する」という2つの選択肢から選べる便利な充電器となっています。この性能で純正よりも非常にコンパクトに収まっている上に2つの充電器を1つにまとめられるので、現在純正品を使っており、荷物を減らしたいMacBook Proユーザーにはうってつけの一台。

昨年もいち早く61WのGaN採用充電器を投入したRAVPowerですが、今年もトレンドの先取り感は変わらず。「小型」「2ポート」「高出力」を兼ね備えた、時代を先取りしたUSB充電器が欲しい方には有力な選択肢です。

RAVPower RP-PC128はAmazonにて5,399円で販売中。今回レビュー提供にあたって当サイト限定の割引クーポンも頂いており、「PC128GDG」をAmazonでの購入時に入力することで500円引きで購入可能。クーポン期限は6月7日までと短くなっているため、利用する場合はお早めに。購入は以下のリンクから。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。