ガジェットショット

発売前のSPIGENの4.7インチiPhone 6用ケース3種類を一歩先にフォトレビュー

キリカ(管理人)

スマートフォンアクセサリブランドのSPIGENさんに今年発売とされるiPhone 6(仮称)のケースを一歩先に見せていただけたので紹介します。


spigen-iphone-6-01

今回見せていただけたのは写真奥から順に「シン・フィットA」「タフ・アーマー」「ウルトラ・ハイブリッド」の3種類。どれも4.7インチの次期iPhoneへの対応を謳っている製品です。

iPhone 6(仮)のボタン位置等の変更点をおさらい

spigen-iphone-6-21

今回SPIGENさんにはケースに加え参考用にiPhone 6予想モックも用意してもらえましたので、ボタン位置などの参考までに変更点を紹介します。まずはサイズで、上記の写真のように4.7インチにサイズアップしています。

spigen-iphone-6-22

iPhone 4からiPhone 5sまで一貫して角張っていたエッジがラウンドフォルムになっています。ケースを装着して持ってみた印象としては、これによってサイズが大きくても持ちやすくなっており、本体のフォルムに合わせたケースを付けた場合の“持ちにくさ”は軽減されているため、サイズこそは大きくなっているもののケースとの相性は思いのほか良いのかもしれません。

spigen-iphone-6-23

左側面のボタン類の配置はそのまま、ボリュームキーの形状が円形から長細い形になっています。

spigen-iphone-6-24

右側面には変更点があり、5s以前は上部にあった電源ボタンが右側上部に移動しています。

spigen-iphone-6-25

下部のイヤホンジャックとLightningポートの端子はそのまま。

正式版の次期iPhone 6までに細かい変更点がある可能性はあるものの、以上がiPhone 6の主な外観上のハードウェアの変更点となっており、今回紹介するSPIGENのiPhone 6用ケースはこの仕様に合わせて作られています。

シン・フィットA

spigen2

最初に紹介するのはシン・フィットA。今回紹介する中で最も薄型でミニマルなケースです。

spigen-iphone-6-15

デザイン的にはシンプルで、iPhone 6のラウンドフォルムに沿ってそのまま背面から包み込み、インターフェース部のみくり抜かれている形になっています。

spigen-iphone-6-16

下部のポート類はUの字に大きく露出しているタイプ。
サードパーティのLightningアクセサリも使いやすいタイプのケースです。

spigen-iphone-6-17

右側は電源ボタン部のみくり抜き。

spigen-iphone-6-18

上部はiPhone 6のラウンドフレームを露出させて強調するデザインとなっています。

spigen-iphone-6-20

左側はボリュームキー・マナーモードスイッチ部がくり抜き。

3つのケースの中で最も保護性能では他の2つのケースに劣るものの、ミニマルで、質感もマットなため持ちやすさは抜群の製品です。価格もAmazonで1,490円と、3つの中で最安となっています。カラバリは今回紹介したメタル・スレートに加えシャンパン・ゴールド、サテン・シルバーの3色展開。

iPhone 6 ケース, Spigen® [ジャストフィット] iphone 4.7 (2014) シン・フィットA


タフ・アーマー

spigen3

タフ・アーマーは保護性能を最重要視した製品。見た目のゴツゴツしたフォルムと名前のタフ・アーマーからも分かるとおり、落下時の衝撃耐性に優れた製品です。

spigen-iphone-6-02

内部は従来のSPIGENのiPhone用ケースでも多く採用されていた衝撃分散のための蜘蛛の巣状の構造を採用しています。

spigen-iphone-6-03

正面から見たところ。保護性能重視でiPhone 6に一回り大きくマージンを取っている事が分かります。

spigen-iphone-6-04

タフ・アーマーはゴム部分とプラスチック部分の二層構造のケース。落下時に地面に接地する四隅を覆う部分は衝撃を吸収するソフトなゴム素材で出来ており、背面から側面にかけてはハードなプラスチック素材となっています。

spigen-iphone-6-05

左側面。ボリュームキーはゴムの大きなブロックボタンとなっています。

spigen-iphone-6-06

右側面は電源ボタンとTOUGH ARMORのエンボス刻印。

spigen-iphone-6-07

エッジをソフト素材で覆う事で落下時の衝撃対策をしています。

spigen-iphone-6-08

よく見ると四隅に小さな足があり、本体を卓上に置いた場合背面が少し浮くようになっています。

spigen-iphone-6-26

ゴムブロックのボタンにはさりげなくPWRの刻印。

iPhone 5sでも人気だったタフ・アーマーですが、iPhone 6を買ってからすぐに装着して保護できるようにこのケースがいち早く用意されているのはリピーターには朗報なのではないでしょうか。カラバリは今回紹介したシャンパン・ゴールドの他、ガンメタル、サテン・シルバー、スムース・ブラックの4色展開となっています。

iPhone 6 ケース, Spigen® [エアクッションテクノロジー] iPhone 4.7 (2014) タフ・アーマー


ウルトラ・ハイブリッド

spigen1
iPhone 5sでも人気だったウルトラ・ハイブリッドもしっかりiPhone 6用を用意。

spigen-iphone-6-10

先ほどのタフ・アーマーと比べると丸みを帯びたデザインです。

spigen-iphone-6-11

角を見るとラウンドフォルムになっているのがわかります。

spigen-iphone-6-12

背面は透明なプラスチックでカバーされているのが特徴。

spigen-iphone-6-13

ボリュームキーは独立したパーツではなく、一体型フレームに+と−の位置の刻印でマークされた部分を押す仕組みになっています。

spigen-iphone-6-14

電源ボタンも同様にフレームにPWR刻印。

カラーバリエーションはガンメタル、クリスタル・クリア、ブラック、ミント、メタル・スレートの5種類と今回紹介したケースの中では最多。iPhone 5sの背面のデザインを見せつつ外周を保護できるのは良さそうです。

iPhone 6 ケース, Spigen® [ クリア バンパー] iPhone 4.7 (2014) ウルトラ・ハイブリッド



発売が待ち遠しい次期iPhoneとされる「iPhone 6」ですが、アクセサリーメーカーも新製品対応のケースをいち早く用意してくれるのはケース必須派には嬉しいですね。お手頃な価格で持ちやすいケースが欲しいなら「シン・フィットA」、落下も含めてしっかり保護したいなら「タフ・アーマー」、背面のデザインも隠したくないという方は「ウルトラ・ハイブリッド」が良いのではないでしょうか。

メニュー
閉じる