ガジェットショット

Tweetbot 4で3G/LTEストリーミングを有効化する方法【Mac編】

キリカ(管理人)

iPhone/iPad両対応のユニバーサルアプリとして販売開始された人気TwitterクライアントTweetbot 4のストリーミング機能をLTEで解禁する方法を紹介します。


tweetbot 4 on iphone 6s rose gold 1

本日リリースされたばかりのTweetbot 4ですが、Tweetbot 3以前と同様設定ファイルをパソコンから書き換えることで通常モバイルネットワークでは利用できないストリーミング機能を解禁し、WiFiと3G/LTE両方でタイムラインをリアルタイム更新させられることが判明しました。Will feel TipsにてWindowsでの設定方法が掲載されていたので、Macでも同様の手順で進めてみたところ無事成功しました。Tweetbot 4のダウンロードは以下のリンクから。iPhone/iPad両対応のユニバーサルアプリです。

Tweetbot 4 for Twitter – Tapbots


手順

まず、iBackupBot for Macをダウンロードしてアプリケーションフォルダにインストールしておきます。シェアウェアですが、今回の手順で必要な機能は無料で利用できます。

Download iPod software for Windows


find iphone

続いてTweetbot 4をインストールしたiPhoneの「iPhoneを探す」をオフに。

itunes backup

LightningケーブルでiPhoneとMacを接続し、iTunesでiPhoneのバックアップを取ります。この時「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックを外しておきましょう。

tweetbot 4 plist

続いてiBackupbotを起動し、バックアップファイルのツリーをだどり、「Tweetbot」→「Library」→「Preferences」の順に開き、「com.tapbots.Tweetbot4.plist」をダブルクリックで開きます。

ibackupbot
試用版のためダイアログが表示されますが、キャンセルでOK。

edit plist
以下の設定をコピー&ペーストで貼り付けて左上のボタンで保存します。

streamingOverWWANEnabled2


ibackupbot-restore

電源ボタンで編集ウィンドウを閉じ、Restoreボタンを押すとiPhoneに設定が書き込まれ、再起動します。


以上の手順で3G/LTEでもタイムラインをストリーミングさせる設定が有効化されます。Tweetbotはとても快適なTwitterクライアントですが、出先でWiFiルーター無しでもタイムラインがリアルタイムに読めるようになるとより一層使いやすくなりますので、Tweetbot愛用者は是非お試しあれ。

Tweetbot 4 for Twitter – Tapbots

メニュー
閉じる