ガジェットショット

iOS 10.1 Public Beta配信開始。iPhone 7 Plusの被写界深度エフェクト「ポートレートモード」を早速試す

キリカ(管理人)

一般ユーザー向けのβ版「iOS 10.1 Public Beta」が配信開始されました。


iphone-7-plus-first-impression-5

今回配信開始されたiOS 10.1 Public Betaの主な内容はiPhone 7 Plusのデュアルカメラを利用して被写体との距離を計測して背景をぼかす被写界深度エフェクトを利用できる「ポートレートモード」の追加。テレマクロのように望遠レンズで寄って背景をぼかすことができます。今回パブリックベータでの配信のため開発者登録などは不要で、インストールはApple Beta Software Programで登録し同サイトからプロファイルをインストールする端末に導入するだけ。容量はiPhone 7 Plus用で1.96GBとなっています。

ポートレートモードを試す

iphone-7-plus-ios-101-beta

純正カメラアプリを起動すると「ポートレート」のモードが追加されており、β版である旨のメッセージが表示され、承諾されるとポートレートモードを試す事ができます。実際に試してみた作例は以下のとおり。

portrait-mode-1

卓上のキーボードを被写体にポートレートモードで撮影したところ。キーボードの奥の方にいくにつれてボケが強くなっており、被写体との距離に応じて段階的にぼかしを適用していることがわかります。

portrait-mode-2

iPhone SEを被写体に撮影したところ。背景との境界線をしっかり認識しており、背景のみをぼかしiPhone SE本体はくっきり写っています。


ポートレートモードの注意点としては2倍の望遠レンズの最短撮影距離よりも遠く、240cm以内の被写体でなければエフェクトを適用できないというところ。また、光量が足りないシーンでも利用する事はできないようです。あまり遠くの被写体に向けて利用はできませんが、撮影できる一定の距離感を覚えれば印象的な写真が撮影できて便利な機能となっています。

なお、先日話題になったAssistiveTouchを利用したシャッター音を消音できる方法ですが、iOS 10.1 betaでは引き続き利用できることを確認しました。

今回の被写界深度エフェクトを利用できるポートレートモードはβ版。まだ調整中の機能ということで、最終的に配信されるバージョンではない点は留意しておいてください。

メニュー
閉じる