ソフトバンク孫正義社長、iPhone 5のテザリングを「検討しましょう」と言及。

SoftBank孫正義社長が、Twitterにてテザリングについてのコメントを求められた所、「検討しましょう」と返答しました。


KDDIから発売されるiPhone 5には、iPhoneを介してパソコンなどの機器をインターネットに接続できる「テザリング」機能が搭載されると公表されており、対するソフトバンクはKDDI版にある月間7GBの通信量を無制限にする事で対抗する形となっていました。

SoftBankがiPhoneを取り扱い始めて以来解禁する事の無かったiPhoneのテザリング機能がKDDI版で搭載されるとなると、テザリング目当てでKDDIのiPhoneに乗り換えるユーザー数は相当数居ると推定できます。

ソフトバンクにとってこれは相当な痛手になることは間違いないため、KDDIへの顧客流出に歯止めをかけるためにもテザリング機能を解禁する可能性は十分あるのではないでしょうか。

少なくとも通信量を無制限にしてテザリングを禁止するより、通信量に上限を設けてテザリングを解禁した方が賢く平等な方法に見えますが……。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。