これは欲しい!USB側も表裏どちらでも接続可能なリバーシブルLightningケーブルを自作する人が登場

iPhone 5やiPad miniに採用されている新しいLightningケーブルですが、Lightning端子側は表裏どちらでも接続できるものの、PCにつなぐUSB側はそれができません。これに我慢できず、USB側もリバーシブルなLightningケーブルを自作する人が現れました。


リバーシブルLightningケーブルを自作した@doaさんが使用したのは、通常のLightningケーブル、旧Apple純正dockケーブル、どっちもUSBケーブルの3つ。LightningケーブルのUSB側にどっちもUSBケーブルのUSB端子を接続し、外装をAppleのdockケーブルのものに交換する事でとてもAppleライクなリバーシブルLightningケーブルを自作する事に成功しています。

実際に使用している動画は以下の通り。

詳細な手順などは本人のブログ「doa.travel – バックパッカー旅行記」のイライラしたのでリバーシブル Lightningケーブルを作った。(Reversible Lightning Cable)という記事に掲載されています。

確かにLightningケーブルのリバーシブルの便利さに慣れてしまうとUSB側の接続が億劫になってしまうのは歯痒い点なので、Lightningケーブルの両サイドをリバーシブルにするというアイデア良いですね。

ただ、作者もオチで述べている通りどっちもUSBケーブルにApple純正のLightning to Micro USBアダプターを接続してしまえば同じ事ができてしまうので、あくまでAppleっぽいケーブルじゃないと嫌というワガママな人向けですね。

表裏気にせず接続できるというのはLightningケーブル自身が既に証明しているので、リバーシブルLightningケーブルは是非ともAppleが公式に出してほしいものです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車でカフェめぐり。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!