iPhone 5sをコンクリートで固めて鉄壁防御にする自作ケース動画が話題に

iPhone 5sをコンクリートで固める事によって落下衝撃から守る「自作ケース」の動画が公開され、話題になっています。


方法としては簡単で、iPhone 5sのボタン類やマイク、スピーカー、SIMスロットなどをテープで覆った状態でコンクリートを塗りたくって乾燥させるだけ。

機種はiPhone 5sだけでなくどのiPhoneでも可能で、発熱した状態でも手にはひんやりとしたコンクリートの触感があり、丸みを帯びたフォルムで持ちやすく、落下してもコンクリートの鉄壁の防御で無傷といったメリットがあると説明されています。

次期iPhoneとされているiPhone 6はラウンドフォルムを採用していると噂されており、角張ったiPhone 5sを丸くするのはそれの先取りと言えるかもしれません。

The Indestructible iPhone 5S – Made of Rock – YouTube

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!