iPhone XS Max用のApple純正レザーケース「トープ」レビュー。高い質感と適度なグリップ感で満足!

Apple純正のiPhone XS Max用のレザーケースを買ってみました。


今回購入したのはAmazonApple公式サイトで販売されているiPhone XS Max専用のApple純正レザーケース。選んだのは「トープ」というカラーです。

パッケージはとてもシンプルで、開封したらすぐ楽に手に取れるようになっているのもAppleらしいところ。

背面中央にはAppleロゴがエンボス加工されています。

こちらがケース本体の内側。

内側は本体を傷つけにくいスエード調になっており、NATURAL LEATHERのロゴがプリントされています。

iPhone XS Max(シルバー)本体に装着したところ。

ボリュームキーが独立した金属パーツになっているのが高い質感で高評価。色もカラバリに合わせたパーツになっています。

下部は全体を覆わず、U字に開いているため太めのLightningケーブルでも干渉しないのが嬉しいところ。

背面。

純正品らしく、カメラ周りの寸法はかなりタイトにフィットしています。

カラバリは革の使い込みを見越して選ぶべき?

実はAppleのiPhone XS Max用レザーケースを買うのは2回目なのですが、春先にYahoo!にて動画で紹介した「ライラック」というカラバリは当初のポップな色味が使い込みで汚くなってしまいました。今回2色目に「トープ」を選んだのは、こういったレザーのエイジングを見越して。レザー製品らしい使用感がついていけば良いかなと期待しています。

使い勝手としては2回連続で購入しただけに満足しており、使い始めのサラサラ感も使い込むに伴い増すグリップ感もどちらも好きで、変化に愛着を感じるケースです。iPhone XS Maxという大きなサイズの端末ですが、このグリップ感のお陰で落とすこと無く使えているのは有り難いところ。

今までiPhoneケースは色々と使ってきましたが、結局本体へのフィット感、質感、使い勝手など総合的に見て一周回ってこの純正レザーに落ち着いたので、次期iPhoneも純正レザーケースにしようかと思っています。レザー製品のため経年劣化はするのですが、変化を愛着として楽しめる方にはおすすめのケースです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。