iPhone 12 miniをミニマルな極薄レイヤーで包み、最小限のサイズ感で使える「CASEFINITE Frost Air」レビュー

iPhone 12シリーズ用に販売されている極薄ケース「CASEFINITE Frost Air」をレビュー用に提供頂きました。


CASEFINITEのFrost Airは以前iPhone SE用をレビューしている極薄ケースで、今回iPhone 12シリーズ用の新モデルを再びメーカーのCASEFINTEさんに提供頂きました。


Frost Airは約0.6mmの厚みの極薄ケースで、iPhone 12 mini用はなんと6gの超軽量。iPhone本来の形状を活かしつつも、擦り傷などから保護できるミニマルなケースとなっています。

こちらがケース本体。今回頂いたカラーは「アイスホワイト」で、白いスモークのかかった半透明カラーとなっています。

グリーンのiPhone 12 miniに装着したところ。ケース無しと殆どサイズ感が変わりません。

下部のポート周り。薄さもさることながら、加工精度も高く感じます。

右側面。ボタン部分は本体のボタンを露出させる形となっており、ほぼほぼ丁度ボタンの段差を埋めてフラットになる厚み。段差が無くなった事によるボタンの触り心地も良好です。

上部。iPhone本来の色を活かした外観です。

左側面。SIMスロットは完全にカバーされるので、交換の場合は着脱が必要。

背面。メーカーロゴなども無く、非常にミニマル。

「フロスト」な質感は全体的に雰囲気を和らげてくれます。

カメラ周りは最小限の段差が施されており、卓上では完全にはフラットにはならない形状です。

iPhone 12 miniの形状・小ささと相性抜群のケース

実際今回このFrost Airを使ってみてまず感じたのが、前回のiPhone SE用Frost Airと比べた際の持ちやすさ。iPhone 12 miniのフラットな形状のフレームと非常に相性が良く、コンパクトなサイズ感をそのまま最大限活かしてサイズ増を抑え、最もコンパクトな形で保護して使うにはこの上無いケースです。

この手の薄型ケースとしては加工のクオリティも高く、iPhone 12 miniのボディに高い精度で追従していてケース自体の目指すミニマルなデザインを綺麗に具現化しているのも好印象。iPhone 12シリーズのグリーンのカラーとも相性が良く、本体カラーを活かしたケースを探している方にとっては普通のクリアケースよりもおすすめできる外観だと感じます。

今回頂いたアイスホワイトのほか、スモークブラックメタリックブルーもラインナップされているので、本体色に合わせて選べるのも嬉しいポイント。

0.6mmの超薄型ケースという性質上、落下時の衝撃吸収性能に関してはそれほど期待できない一方で、高い精度で外装を一通りカバーしてぴったり包んでいるため、接地面には直接本体が触れる事も無く傷の防止には十分なケースなのではないかと思います。

CASEFINITE Frost Airの販売価格は記事公開時点でAmazonにて2,899円。iPhone 12以降のフラットな形状のiPhoneであればFrost Airはポテンシャルを例年モデルよりも一層発揮できると感じたので、今年は個人的おすすめ度が昨年よりも上。iPhone本体のサイズ感・形状・色を活かした半透明ケースが欲しい方は必見です。


iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Maxに最適なiPhone 12シリーズ用ケースのおすすめはiPhone 12/12 Proシリーズ用おすすめケースの記事でMagSafe対応、超薄型、耐衝撃、ストラップホールの有無などの目的別にまとめているので是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。