iPhone SEを極限までコンパクトに保護できる薄型ケース「CASEFINITE Frost Air」を試す

iPhone SEを極限までコンパクトに保護できる薄型ケース「CASEFINITE Frost Air」を試す

iPhone SEのコンパクト感を極力そのままキープしながら保護できる薄型ケース「Frost Air」をメーカーのCASEFINITEから提供で頂いているので、レビューしていきます。


CASEFINITEは今年から日本市場に展開を始めたスマートフォンケースのメーカー。現在CASEFINITE直販サイトでのみの取り扱いとなっていますが、各種ECサイトへの展開も予定しているとのこと。

今回はCASEFINITEより、薄さと軽さに注力したケース「Frost Air」のサンプルを無償提供頂いたので紹介します。

こちらがパッケージの中身。

非常に薄いケースだけに、公式の着脱方法のマニュアルが同梱されます。

こちらがケース本体。

ホワイトのiPhone SEに装着したところ。

背面。白のフロスト感がホワイトのiPhoneにマッチしています。

底面。切り抜きを見ると非常に薄く作られている事がわかります。

ボリュームキー周り。ボタンを覆う形ではなく、ボタン部分を切り抜きにしてiPhone本体のボタンをそのまま使う形にする事で限界まで薄く設計されています。

サイドボタン側も同様にボタンが露出しています。

カメラ周りはやや盛り上がっており、カメラが接地面に擦らないように配慮されています。

先日レビューしたレイ・アウトのシルキータッチと比べると側面の段差も僅かで、全体的な見た目のまとまり感は完成度高め。ホワイトのiPhoneを磨りガラス風のフロスト感ある質感にラッピングできます。

落下は心配なものの、薄さとまとまり感はハイレベル

非常に薄いケースという事で落下時のクッション性は期待できないケースですが、擦り傷などから守るケースとしては十分。公称値としては約0.8mmの薄さ、8gの軽さとiPhoneケースの中でも圧倒的な数字。ただ薄く軽いだけでなく加工精度も高めで、ミニマルなデザインでiPhone本体との一体感は抜群。iPhone SEのコンパクト感を極力残したいという方はもちろん、極力シンプルなケースを選びたいという方にもおすすめできます。

Frost Airは今回レビューしたiPhone SE用だけでなく、iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxのサイズもラインナップ。色は今回紹介した「アイスホワイト」の他「スモークブラック」、iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max用限定で「クラシックグリーン」も用意されています。

価格どの機種用も全て2,499円で送料無料。購入は以下の直販サイトから。


この他にも2020年モデルの2代目iPhone SE用のおすすめケースは種類別に別記事にまとめているので、iPhone SE用のケースに迷っている方は是非参考にしてみてください。
キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。