Galaxy Tab S8+/S8 Ultraが国内発売。予約購入で専用キーボードプレゼントも

Galaxyの最新Androidタブレット「Galaxy Tab S8+」「Galaxy Tab S8 Ultra」が日本国内でも販売されます。


Galaxy Tab S8シリーズはGalaxyブランドで展開される有機ELディスプレイ搭載のフラッグシップAndroidタブレット。グローバルでは11インチのGalaxy Tab S8、12.4インチのGalaxy Tab S8+、14.6インチのGalaxy Tab S8 Ultraの3モデル展開で発売されていますが、このうち今回日本市場に投入されるのは最小のGalaxy Tab S8を除く2機種のみ。主なスペック比較は以下のとおり。

Galaxy Tab S8+ Galaxy Tab S8 Ultra
画面サイズ 12.4インチ 14.6インチ
画面解像度 2800×1752 2960×1848
リフレッシュレート 120Hz 120Hz
本体サイズ 約185.0mm×285.0mm×5.7mm 約208.6mm×326.4mm×5.5mm
重量 約567g 約726g
CPU Snapdragon 8 Gen 1 Snapdragon 8 Gen 1
RAM 8GB 12GB
ストレージ 128GB 256GB
バッテリー
容量
10,090mAh 11,200mAh

グローバルモデルには5Gモデルもラインナップされていますが、今回日本向けに販売されるのはS8+、S8 UltraともにWiFiモデルのみ。

いずれも手書き入力ができるSペンが付属。グローバルでプリインストールされるイラスト制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT for Galaxy」に対応し、さらにWiFi経由でスマートフォンとコンパニオンモードで接続する事によってスマートフォンの画面をパレットとして利用可能。

またiPadOSで人気の動画編集アプリ「Luma Fusion」もGalaxy S8 Tabシリーズ用にリリース予定となっており、Androidタブレットとしては異色のクリエイティブ用途をプッシュしたシリーズとなっています。

発売日はGalaxy Tab S8+が4月21日、Galaxy Tab S8 Ultraが6月下旬以降を予定。

価格は現時点ではGalaxy Tab S8+のみ公開されており、Amazon.co.jpでは115,500円で予約受付中。また発売日までに予約してGalaxy Membersアプリから応募する事で22,722円で販売されている純正アクセサリ「Book Cover Keyboard」が全員にプレゼントされるキャンペーンが実施されています。予約は以下のリンクから。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!