裸のiPhone 13をミニマルな雰囲気にドレスアップできる「NOMAD Leather Skin」

ケース無しの裸のiPhoneをデコレーションできるNOMADのLeather Skinという製品を買ってみたので紹介していきます。


公式サイトより

NOMADのLeather SkinはiPhoneの背面に貼り付けることで、レザーの質感を施す事ができるステッカー。iPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズ用にラインナップされており、色はブラウンとブラックの2色展開。

3Mの接着面で貼り付ける薄型のシールタイプのアクセサリながらアメリカのホーウィンレザーを採用しており、レザー製品特有の経年変化も楽しめる本格的なアイテム。

iPhone本体はケース無しの最小限のサイズを保ちつつも外観の雰囲気をがらっと変えることができるため、ケースを付けないコンパクトなサイズ感が気に入っている方にはおすすめできる製品となっています。

製品サイトを見てのとおり黒系のカラーバリエーションのiPhoneがシックな雰囲気にコーディネートできるアクセサリですが、今回ピンクのiPhone 13 miniにブラウンのLeather Skinを組み合わせることでアポロチョコのような組み合わせができるか試してみました。

こちらがLeather Skinのパッケージ。

Leather Skinは封筒に収められています。

貼り付けの手順は公式YouTubeチャンネルにて公開されており、同梱のQRコードからアクセス可能。動画は以下のとおり。

それでは実際に貼り付けていきます。

こちらが実際に貼り付けたところ。

貼り付けに気を使いますが、カメラの出っ張りの周りの細い部分をしっかり覆ってくれます。

別アングルから。背面のパステルカラーを覆い隠すので、かなり独特な印象になります。

スリムにレザーを楽しみたいiPhoneユーザーに

今回試したNOMADのLeather SkinはiPhoneの背面パネルのみを傷から保護するという、かなり割り切った製品。そのため落下保護性能などを求める方には向きませんが、iPhoneにケースを付けないで本来の持ち心地やスリム感を楽しみたい方にとってはおすすめの非常にユニークな製品です。

実際使ってみるとホーウィンレザーの触り心地は独特で、一般的なレザー製品のしっとりした触り心地とは対極のさらっとしたドライな印象。グリップ感に関しても悪くなく、不満無くiPhone 13 miniを普段使いできる質感だと感じました。

今回ピンクのiPhoneに装着してみた感じも悪くはないと思いましたが、カラバリが「ブラウン」「ブラック」の2色展開だとやはり一番相性が良いのではブラックのiPhoneなのではないかと思います。ピンクとおそらく相性の良いであろう、もう少し明るいタンレザーのカラーバリエーションも是非用意してほしいなと思いました。

Leather Skinは直販サイトで$24.95。日本への送料が$14.99かかるため単品で購入すると$44.94(現在のレートで約6,000円弱)とそれなりに高くつきますが、iPhoneのサイズ感をそのままキープしつつレザーの質感を足せるアイテムとしての使い心地は唯一無二。ニッチではあるものの、このミニマリズムが刺さる人間にはたまらない一品となっています。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!