iOS 16リリース。Face IDが横向きでも利用可能に

AppleからiOSのメジャーアップデート「iOS 16」が配信開始されています。


iOS 16はロック画面のカスタマイズ機能が目玉のiOSのメジャーアップデート。ロック画面には新たに天気や電池残量などのウィジェットが設置可能になり、集中モード別に複数のロック画面を作成する事も可能。

A12 Bionic以降を搭載したiPhone(iPhone XS世代以降)は、写真アプリなどで画像から対象物を抜き出す事が可能。この他にも一部モデルでのバッテリーの%表示、Face IDが横画面で利用可能になるなど数多くのアップデートが含まれており、一覧はAppleのiOS 16で利用できる新機能のページで確認可能。

iOS 16に対応するデバイスは以下のとおり。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone SE(第2世代以降)

iPhone 7は今回アップデートの対象外となっており、iOS 15が最終バージョンとなっています。

なお今回iOS 16のメジャーアップデートと並行してセキュリティアップデートのみを適用したiOS 15.7も同時に配信開始されており、iOS 15番台で様子見したい場合でもセキュリティのみのアップデートを受けることが可能となっています。

また、従来iOSと同時に配信されていたiPadOS今回同時リリースとはならず、秋に「iPadOS 16.1」を初期バージョンとして配信開始予定。iPadOS 16は外部モニターとマルチタスキングの対応を強化したメジャーアップデートとなっており、iOSよりも更に大きな変更が加えられています。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!