ガジェットショット

ローズゴールドのiPhone 6sには現状最高のケース。新作の「ネオ・ハイブリッドEX」を試す

kirica

iPhone 6sの新色「ローズゴールド」用のケースを迷っていたところ、ネオ・ハイブリッドEXの新色がしっくりきました。


spigen neo hybrid ex for iphone 6s 01

Spigenの人気ケース「ネオ・ハイブリッド」シリーズの背面が無いモデルである「EX」シリーズですが昨年レビューしたiPhone 6用ネオ・ハイブリッドEXまでは完全に背面素材が無いバンパータイプだったところ、今年からは背面が透明素材の二層構造ケースに変更されています。今回レビュー用に頂いたのはiPhone 6sの新色「ローズゴールド」に合わせたもので、一体感のあるカラバリとなっています。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 02

こちらが本体。内側の素材が透明のソフト素材になっています。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 03

ローズゴールドのiPhone 6sに装着したところ。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 04

下部。通常版「ネオ・ハイブリッド」のレビューでも紹介しましたが、イヤホンジャック周りが去年のモデルと比べて拡大されており、より多くのイヤホンと互換性がある形状になりました。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 05

フレーム部分のSpigenロゴ。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 06

ボタンはメタリック質感。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 07

マナーモードスイッチ部分の形状もイヤホンジャック同様改善。

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 08

背面。ローズゴールドのiPhone 6sの一体感が素晴らしいですね。

持ちやすさも抜群

spigen neo hybrid ex for iphone 6s 09

端の部分は滑りにくい内側のソフト素材が曲面になっており、高いグリップ感があります。また透明の背面も同様に滑りにくく、落としにくさ+耐衝撃性能の二段階で信頼性の高いケースとなっています。


spigen neo hybrid ex for iphone 6s 10

iPhone 5sまではホワイト、iPhone 6では半透明だった内側の素材ですが、今年のネオ・ハイブリッドEXは内側の層が透明素材になっているため、この点は見た目の好みが分かれるかもしれません。個人的には最初は違和感はあったものの、光沢感のあるクリアなクッション素材は落下時の保護性能を感じさせながらもオシャレで気に入りました。

iPhone 6sの新色ローズゴールドはスタイリッシュなカラバリですが、ぴったり似合うケースがまだ少ない印象。そんな中で、今回の「ネオ・ハイブリッドEX ローズ・ゴールド」は持ちやすさ(滑りにくさ)、落下時の保護性能、ローズゴールドに似合うデザインと、三拍子揃ったケースで非常に気に入りました。イヤホンジャック周りの改善だけでなく、以前Xperia Z4用ウルトラ・ハイブリッドで指摘した背面の水玉状のシミ模様ができる問題も内側の細かい凹凸模様で予防しており、年々完成度が高まっている事が感じ取れるケースです。ローズゴールドのiPhone 6sを使っているのであれば現状最もオススメできる製品です。

【Spigen】 iPhone6s ケース / iPhone6 ケース, ネオ・ハイブリッド EX [ 二重構造 スリム フィット ] アイフォン6s / 6 用 (ローズ・ゴールド SGP11725)

メニュー
閉じる