ガジェットショット

au版iPad Airフォトレビュー

kirica

アップルストア銀座で新型の「iPad Air」と公式アクセサリのSmart Coverを購入しました。以下がフォトレビューです。

iPad miniと統一されたデザインに

ipad-air-and-smartcover01
今回手に入れたのはシルバーモデル。

色のネーミングは今回「ブラック」「ホワイト」ではなく「スペースグレー」「シルバー」となっています。
Smart Coverは悩んだ結果イエローになりました。

ipad-air-and-smartcover02
今回デザインが一新され、一見iPad miniに見えるデザインに統一されました。

ipad-air-and-smartcover03
左右のベゼルがiPad mini同様細くなり、画面サイズは同じまま、本体が大幅にスリムになりました。

ipad-air-and-smartcover04
側面のボタン類もiPad miniと同じ形状に。画面回転・消音のスライダーはiOS 7の画面上の物と同じデザインになり、ハードウェア・ソフトウェアの統一感が見られます。

ipad-air-and-smartcover06
セルラー版のアンテナはiPad mini同様、本体色の前面に合わせた色に。先代のiPadでは本体のカラバリ問わずブラックに統一されていたので、それと比較すると白いアンテナカバーは違和感を感じる人が多いのではないでしょうか。

細字のiPhoneと違い「iPad」ロゴは太字のまま

ipad-air-and-smartcover05
iPhone 5sはiPhone 5と比べ「iPhone」のフォントが細字になっていましたが、iPad Airは太字のままです。iOS 7世代のハードウェアになって統一されるものかと思いきや、細字化されたのはiPhoneだけでした。

Smart Coverも一新

ipad-air-and-smartcover08
今回本体のサイズ変更に伴い、Smart Coverも一新されました。と言っても新しいデザインというわけではなく、iPad Air本体同様にiPad mini用のSmart Coverをそのまま大きくしたものとなっています。

ipad-air-and-smartcover07
従来のSmart Coverにあったヒンジの部分の金属が取り除かれ、本体に傷が付きにくくなっています。

ipad-air-and-smartcover09
今回4つ折りだったSmart CoverがiPad miniのSmart Coverのように3つ折りになりました。

ipad-air-and-smartcover10
3つ折りになりましたが、2つの角度で使える機能は以前と同じ。

ipad-air-and-smartcover11
外側はiPhone 5cのようなパステルカラーのイエローですが、内側の素材は濃い色になっています。


見れば見る程、触れば触る程「大きなiPad mini」となっている今回のiPad Air。中身は殆ど変わっていないのにも関わらず、使っていると違和感があり「新型のフルサイズiPad」というより「大きなiPad mini」を触っている感覚で、小型化・薄型化・軽量化により前回のiPadとは全く別物のシリーズに感じます。今回「iPad」シリーズから外れて「iPad Air」という名前が与えられ、「iPad」「iPad mini」に続くiPadシリーズの新たな第三のラインナップとして発表された事も納得です。

「iPad」の最新モデルを買いに行ったはずが、使ってみればiPad Airなる大きなiPad miniを買っていたというわけです。

昨年はiPad miniに感じた違和感を解消すべく1ヶ月使い込んだ記事を投稿しましたが、今年もiPad Airをじっくり使っていこうと思います。

iBUFFALO iPad Air専用 気泡が消える液晶保護フィルム 光沢タイプ

メニュー
閉じる