ガジェットショット

付け心地が改善したSmartWatch3の新色「ライム」開封レビュー #Xperiaアンバサダー

kirica

先日参加した「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングにてXperia Z4と併せてモニターとしてお借りしたソニーのAndroid Wear「SmartWatch3」の開封、レビューをしていきます。


smartwatch3 swr50 lime 01

SmartWatch3は昨年初期カラーのブラックが発売された際にSONY初のAndroid Wear搭載機「SmartWatch3 SWR50」レビューの記事でレビューしましたが、今回モニター機として貸していただけたのはライム。ベルトの色だけでなく、サイズ調整の機構が無段階に変更されています。パッケージは透明の箱となっており、非常にミニマルでスタイリッシュ。モトローラの円形ディスプレイ搭載Android WearであるMoto 360は円形のパッケージであるのと対照的に、画面形状に合ったパッケージングなのは面白いですね。

smartwatch3 swr50 lime 02

書類以外の付属品はmicroUSBケーブルのみ。

smartwatch3 swr50 lime 03

こちらが本体。画面の例が印刷された保護フィルムが装着されています。

smartwatch3 swr50 lime 04

ブラックと比べるとベルトのデザインがオシャレですね。

smartwatch3 swr50 lime 05

金具の部分。無段階に調整して最適な長さにしておき、装着の際はワンタッチで可能になっています。

smartwatch3 swr50 lime 06

充電は背面のmicroUSBポートから可能。

smartwatch3 swr50 lime 08

本体はベルト部分から内側に押し込む事で着脱可能。

smartwatch3 swr50 lime 11

改めて後から発売された38mmのApple Watchと比較するとかなりサイズが大きく見えますね。


smartwatch3 swr50 lime 07

以前ブラックのSmartWatch3をレビューした際は付け心地の悪さを指摘しましたが、ライムはサイズ調整の機構変更により無段階調整が可能になり、付け心地は多少改善したのではないかと思います。また、ソフトウェアアップデートにより手首の回転ジェスチャーで通知カードめくりができたりと、操作性もアップ。発売時と比べると使い勝手は向上しています。

今回XperiaアンバサダーのモニタープラグラムでXperia Z4とセットで1ヶ月間お借りできる事になりましたので、改めてセットで使っていこうと思います。

ソニー Bluetooth4.0 リストバンド型活動量計 ライムSONY SmartWatch 3 SWR50-G

メニュー
閉じる