ガジェットショット

iPhone 6sの3D touch動画レポート。「ホーム画面」「カーソル移動」「タスク切替」「Safari」編

kirica

新たにタッチパネルに感圧センサーを搭載することによって操作性の幅を広げた3D touchによる操作を本日到着したSIMフリーiPhone 6sで早速試してみました。

ホーム画面



Appleの動画でも紹介されているホーム画面の押し込みメニュー。対応アプリではアプリのアイコンを3D touchで強く押すことでメニューが表示され、直接アプリの中の機能にアクセスすることができます。また、非対応アプリではメニューが表示されず、非対応のアニメーションになります。

カーソル移動



今回からIME上で3D touchすることでカーソル移動が可能になりました。

タスク切り替え



画面端から強く押してスワイプすることでタスク切り替えが可能に。

Safari



Safariはリンク上で3D touchすることでプレビューすることができ、さらに押し込むことでリンクを開くことができます。また押し込まずに上にスワイプすることで新規タブで開く・リーディングリストに追加・URLをコピーなどの操作を行うこともできます。


軽く触ってみた感じ、これが搭載されているだけでマイナーチェンジ前のiPhone 6とは別物の端末といった感じがします。まだ対応アプリが無いため今後の可能性に期待の部分が大きいものの、Safariでのプレビュー機能はニュースを素早く読み流すのには非常に便利。ただタスク切り替えに関しては慣れが必要といった感じで、頻繁に失敗してしまうので練習したいところです。というのも、普通にスワイプする操作と、圧をかけながらスワイプする操作が違うアクションになっている場合、指の圧で操作が変わってしまうため。慣れれば便利なのでしょうが、最初は少し戸惑うかもしれません。

3D touch、かなり面白いので今後多くのアプリに対応してほしいところです。


iPhone 6s/iPhone 6s Plusは各社オンラインショップとApple Online Storeから購入可能。

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneApple Online Store

メニュー
閉じる