ガジェットショット

AQUOS ZETA SH-04Hフォトレビュー

kirica

ドコモから発表された新機種「AQUOS ZETA SH-04H」を早速触ってきました。


AQUOS ZETA SH-04H 01

こちらがAQUOS ZETA SH-04H。ハイスピードIGZOを搭載したSHARPのフラッグシップ機です。

AQUOS ZETA SH-04H 02

外周は角ばった金属フレームになっています。

AQUOS ZETA SH-04H 03

ボタン類は右側面に集約。

AQUOS ZETA SH-04H 04

指紋センサーは今回側面に搭載され、電源ボタンとは別に。

AQUOS ZETA SH-04H 05

下部。

AQUOS ZETA SH-04H 06

背面。

AQUOS ZETA SH-04H 07

角は丸く処理されています。

AQUOS ZETA SH-04H 08

緑はXperia等とも違うユニークな色。

AQUOS ZETA SH-04H 09

右側面。

AQUOS ZETA SH-04H 10

背面。

AQUOS ZETA SH-04H 11

FeliCaが上側にあるのは使い勝手が良さそうです。

AQUOS ZETA SH-04H 12

カメラ部分。

AQUOS ZETA SH-04H 13

側面から見るとやや飛び出ています。

AQUOS ZETA SH-04H 14

ブラック。

AQUOS ZETA SH-04H 15

SHARP特有のイルミネーションは今回はフレームの金属の間に搭載。

AQUOS ZETA SH-04H 16

ガラスのラウンド部分はスペースグレイのiPhone 6シリーズを彷彿とさせます。

AQUOS ZETA SH-04H 17

ブラックの背面。


今回3辺ベゼルレスのEDGESTデザインから大幅に方向性を変更してきたSHARPのAQUOS。他社モデルを少しずつ真似して取り込んだようなデザインとなっており、今までのAQUOSシリーズとは大幅に印象の異なるモデルとなっています。

FeliCaポートの位置も使いやすそうな配置で、フレームの剛性感も所有欲を満たすものとなっており、Galaxy S7 edgeとXperia X Performanceの影で意外と使いやすい機種なのかもしれません。カラバリとデザインが好みに合えば選択肢に入りそうです。

メニュー
閉じる