ガジェットショット

ドコモ、年に1回のSIMサイズ変更無料を廃止、機種変更の手数料も新設

kirica

NTTドコモが12月1日より各種事務手数料を改訂・新設する事を発表しました。



ドコモからのお知らせ : 各種事務手数料の新設・改定について | お知らせ | NTTドコモ

今回変更になった点は以下の3点。

1. Xi→Xi、FOMA→FOMAの機種変更の事務手数料が0円→2,100円に
2. FOMA→Xi、Xi→FOMAの契約変更の事務手数料が2,100円→3,150円に
3. ドコモUIMカードの発行手数料が3,150円→2,100円に、年に1度の形状変更無料は廃止に

これにより今までは機種変更の際は機種代のみの支払いで済んでいたものが、機種代+事務手数料2,100円(FOMA→Xiの場合は3,150円)に値上がりします。なお、ドコモオンラインショップの場合は事務手数料はかからないとのこと。

また、ドコモUIMカードの形状変更(miniUIM、nanoUIMなど)も従来は1年に1度無料だったものが廃止されました。発行自体は3,150円から2,100円に値下がりしたものの、年に4回以上同じ回線でSIMカードを再発行するのでなければ実質値上げとなっています。

「事務手続きを円滑に行っていくため」との事ですが、ユーザーにとっては実質機種変更の無条件値上げとなるためますます既存ユーザーに対しての負担増加になり、他社への転出が加速するのではないかと懸念されます。

メニュー
閉じる