ガジェットショット

タブレット化できるスマートフォン「PadFone 2」がSIMフリーで国内発売、1月12日から

kirica

ASUSから国内向けに、10.1インチタブレットと4.7インチスマートフォンを自由に行き来できる「PadFone 2」がSIMロックフリーで発売されます。




PadFone_2_03 PadFone 2は専用のPadFone 2 Stationにドッキングする事によって、タブレットとしても利用できるスマートフォン。CPUにはクアッドコアのSnapdragon S4 Pro APQ8064を搭載し、メモリは2GB、OSはAndroid 4.1.1を採用。内蔵ストレージは64GBと大容量。

表示解像度はPadFone 2本体は1,280×720で、PadFone 2 Stationでタブレットとして利用する場合は1,280×800となります。

本体のカメラは1300万画素とハイスペックで、PadFone 2本体・Stationにもそれぞれ120万画素・100万画素のビデオ通話用のインカメラが搭載されています。

通信方式はW-CDMAで、対応周波数は900/2100MHz。国内ではドコモとSoftBankで利用可能。SIMカードのサイズはmicroSIMとなっています。

SIMロックがかかっておらずキャリアからも販売されないため、日本通信のb-mobileスマートSIM月額定額1980円などと組み合わせると契約期間に縛られず使いやすいのではないでしょうか。また、タブレットとスマートフォンの契約を1本にまとめられるため、月額コストの節約になります。

SIMロックフリーで販売されるその性質上、キャリアによる分割払いなどが利用できず販売価格は一括で79,800円となっていますが、ハイスペックスマートフォンとタブレット、1台で2台分の性能と通信をカバーできると考えればコストパフォーマンスは良いのかもしれません。

タブレットをまとった、スーパーフォン。「PadFone™ 2」を発表

メニュー
閉じる