ガジェットショット

iPhone 5のSIMを使い回してSoftBank 4Gが使える201HWが1万円で入手可能に

kirica

SoftBankのSoftBank 4G対応機種の中でも、SIMロック解除が可能でiPhone 5のSIMが使い回せるSTREAM 201HWの新品白ロム相場が1万円程度になっていてお買い得です。



IMG_0985

SoftBankのiPhone 5ユーザーであれば、201HWを購入してSIMを使い回す事で、SoftBank 4G LTEとは違う、もう一つのLTEである「SoftBank 4G」を同じ契約で利用する事ができます。

本来SoftBankの機種はiPhoneとAndroid、3GモデルのAndroidと4GモデルのAndroidなど、異なる種類の機種の間ではSIMカードの種類が事なり、相互にキャリア内SIMロックがかかっているためSIMカードの使い回しができません。しかし、201HWはSIMロック解除手続きが可能なため、SIMロック解除を行うとキャリア内の他規格のSIMカードを利用する事が可能になります。

SIMロック解除は201HWをソフトバンクショップに持ち込み手続きを行う事で、3,150円で可能。

一度SIMロック解除を行った201HWはSoftBank版のiPhone 5のSIMカードが利用できるようになるので、手動でSoftBank 4G LTEのAPNを設定する事で通信が可能になります。

SoftBank 4GはiPhone 5が利用しているFDD-LTEとは違う規格のTD-LTE(AXGP)を利用しているため、エリアはSoftBank 4G LTEほどではないにせよ利用者が少なく、iPhone 5よりも高速で通信できる箇所も比較的多く、テザリング用途として利用するのも快適かもしれません。

1万円程度で手に入り、AndroidとSoftBank 4Gが体験できるサブ機としてSoftBank版iPhone 5ユーザーには良いオモチャなのではないでしょうか。

なお、201HWのSIMスロットは通常サイズであるため、nano SIMを挿入するにはnano SIM変換アダプタが必要です。

SoftBank STREAM 201HW

メニュー
閉じる