ガジェットショット

ソフトバンク、新技術で実現した20GBで6,000円、30GBで8,000円の「ギガモンスター」発表。

kirica

ソフトバンクから新たなデータ定額サービス「データ定額 20GB」(月額6,000円)、「データ定額 30GB」(月額8,000円)を、2016年9月13日より提供開始します。


img_9792

今回「ギガモンスター」として訴求されるソフトバンクの新たなデータ定額プラン「データ定額 20GB」「データ定額 30GB」は、従来のデータ定額プランと併設される新たなデータ定額。「スマ放題」「スマ放題ライト」のプランと組み合わせて利用可能。テザリングオプションは月額1000円、データくりこしは毎月5GBまで。

img_9797

今回大容量通信を実現するにあたって、ソフトバンクが初めて商用利用に実用化したMassive MIMOの技術を利用。

img_9798

ひとつの基地局に128本のアンテナを内蔵し、ユーザーひとりひとりに割り当てる事で大容量トラフィックに対応します。iPhone 7、iPhone 7 Plus発売日よりサービス開始され、既存のSoftBank 4G対応端末でも利用可能。

「データ定額 20GB」「データ定額 30GB」は2016年9月13日より、iPhone 7及びiPhone 7 Plusを含む、新規契約または機種変更のユーザーに向けて提供開始されます。

追記:auが後追いで繰り越し制限無し、テザリングオプションが一定期間無料のスーパーデジラを発表したのを受け、ソフトバンクも追従する形で繰り越しの5GB上限を撤廃し、同じくテザリングオプション無料キャンペーンを行うと発表しました。

メニュー
閉じる