ガジェットショット

ソフトバンク緊急記者会見まとめ:iPad月額無料化、iPhone 3G/3GS月賦残額免除など

kirica


ソフトバンクモバイルが本日10月7日の12時30分より、
iPhone 4Sを含む緊急記者会見を行い、Ustreamで配信されました。

まずはiPhone 4Sについて。

本体代金は従来通り、月月割で16GBが実質無料。
64GBに関しては発表当初はauより高い価格を提示しましたが、
Twitterの反応を受けてか、発表中に価格改定しました。


採用している規格の違いからSoftbank版iPhone 4Sは14.4Mbps、
au版iPhone 4Sは3.1Mbpsという速度面での優位をアピール。


更にau版とソフトバンク版は採用している規格の違いから、
ソフトバンクは電話中にアプリのダウンロードやメールの送受信が出来る事を指摘。


実例として、地図を見ながら通話が可能な事を紹介。


オンラインゲームをしながら通話ができるのはソフトバンクだけ。
そのようなユーザーが実際どの程度居るかは不明ですが……。


着信が来ても株取引が可能。


「電波が悪くてすぐ切れちゃう」
「自宅が圏外なんですけど……」
「郊外だと繋がらないよ……」
などのユーザーの声があったと公表し、
それに対して徹底的に電波改善を行っているとの事。


NTTドコモ並みの接続率に到達したと主張。


ソフトバンクWiFiスポットが10万件なのに対し、
auは1万しかないとグラフでKDDIを批判。


「来年は900MHzが欲しいです!」


ソフトバンクiPhoneを契約中のユーザーは、
iPadの3G版を100MBまで0円で利用できると発表。
本体代も月額1860円に値下げ。

孫正義曰く「林檎割」との事です。


iPhone 3G/3GSを分割割賦払い中のユーザーはなんと、
残額を免除してiPhone 4/4Sに乗り換え可能に。


前半はau批判だらけの発表でしたが、
後半は大胆なアップル製品の優待割引を展開。
アップルに対する強い執着が見られる発表でした。

メニュー
閉じる