ガジェットショット

GALAXYアンバサダーレポート4:Gear Sハンズオン動画&フォトレビュー

kirica

GALAXYアンバサダーイベントにてスライドのレポートに続き、腕時計型ウェアラブルデバイス「Gear S」の実機に触れる機会があったので、動画・写真で紹介していきます。


galaxy ambassador gear s 04

Gear SはBluetoothによるスマートフォンとのペアリングだけでなく、単体での3G通信を内蔵したウェアラブルデバイス。今回GALAXYアンバサダーイベントにて実機に触れてきました。詳しい操作感に関しては動画を撮影し、記事の最後にて紹介しています。

galaxy ambassador gear s 01

Gear Sの特徴である文字入力を真っ先に試してみました。日本投入に向けて、テンキーで日本語が入力可能となっています。フリック入力ではなく、順番に「あ、い、う、え、お」と順繰りに入れていくトグル打ち。

galaxy ambassador gear s 02

英語はQWERTYキーボードで入力。

galaxy ambassador gear s 07

背面を見るとSIMスロットを搭載しており、単独で電話やSMS、パケット通信が可能である事がわかります。

Gear Sで選べるデザイン

Gear Sでは文字盤のデザインが選べるようになっているので、どんなデザインがあるのか一通り撮影してきました。以下のとおり。

galaxy ambassador gear s 08

galaxy ambassador gear s 09

galaxy ambassador gear s 10

galaxy ambassador gear s 11

galaxy ambassador gear s 12

表示する情報はカスタマイズ可能

galaxy ambassador gear s 13

アナログ表示のデザインでも表示する情報をカスタマイズ可能。上記の写真では電池残量と新着通知件数に設定されています、

ハンズオン動画



Gear Sは基本となる文字盤画面から上下左右にスワイプする事によって各種機能にアクセスする事ができます。上からスワイプで設定、左からスワイプで通知、右からスワイプでウィジェット、下からスワイプでアプリ一覧にアクセスする事ができます。


実際に触ってみた感想としては、回線も文字入力も搭載されたハイエンドなウェアラブルデバイスという印象でした。機能的には現状では最強の腕時計型デバイスです。個人的には単独で発着信が可能なため現在ドコモのガラケー別持ちで運用しているメインの番号をこれに入れてもいいんじゃないかなと思った一方で、やはりウェアラブルとしてどうしても気になる電池持ち。こればかりはタッチ&トライイベントでは体感できない部分なので、是非一度実機を運用してみたいと思いました。

GALAXYアンバサダー特集記事一覧

1. GALAXYアンバサダーレポート1:GALAXY Note Edge編
2. GALAXYアンバサダーレポート2:GALAXY S5 Active編
3. GALAXYアンバサダーレポート3:Gear S編
4. GALAXYアンバサダーレポート4:Gear Sハンズオン動画&フォトレビュー
5. GALAXY Note Edgeのホワイトフォトレビュー。白だけ発売日が遅れる理由は「こだわった素材」
6. GALAXY Note EdgeのFeliCaアンテナが右下の方にあるのは技術的な制約が理由

メニュー
閉じる