旅行におすすめ!USB PD+QC3.0+コンセント×3のコンパクト電源タップを試す

旅行におすすめ!USB PD+QC3.0+コンセント×3のコンパクト電源タップを試す

コンセントを3口に分岐でき、QuickCharge 3.0対応USBポート、USB Power Delivery対応USB type Cポートを兼ね備えた電源タップが便利だったので紹介します。


複数人で旅行に出かける際、宿泊先でコンセントの数が限られている場合、電源タップが無いと電源の取り合いになりがち。とはいえ小旅行の場合電源タップ+充電器をしっかり用意して荷物がかさばっても困るので、悩ましいところです。そんな時に重宝するのが今回紹介する電源タップ。ケーブル格納式のコンパクトな3ポートの電源タップでありつつも、USB type A/USB type Cそれぞれ1ポートずつUSB充電ポートを備えています。

こちらが本体。幅はちょうどクレジットカードサイズで、かなりコンパクトに持ち歩く事ができます。表側は2つのコンセントタップのほか、USB PD対応のUSB type Cポート、QuickCharge 3.0対応のUSB type Aポートが1つずつ。USB PDは18W出力まで対応しているので、スマートフォンであれば問題無く最速で充電が可能。

iPhoneもiPhone 8以降であればUSB PDに対応しているため、USB type C-Lightningケーブルを使って30分で最大50%まで急速充電する事が可能です。

背面はコンセントタップが1つ独立しているので、パソコン用ACアダプタなど他のコンセントと干渉する大型の電源の利用に最適。旅先でパソコンを充電する際、干渉して充電できないシチュエーションもあるので背面に1ポート逃してあるのは嬉しいところです。

格納式のケーブルの長さは短めで、ホテルの卓上のコンセントなどが一番使いやすいサイズ感。これくらいコンパクトであれば、旅行でなくとも普段使いでカフェなどのコンセントを使う用に持っておいても悪くない選択肢かもしれません。

今回紹介した電源タップはAmazonにて1,980円で販売中。電源タップ+USB充電器が1つになっていると考えるとコスパ抜群のアイテムなのではないかと思います。なお、USB充電端子が3つ搭載されたバージョンも販売されているので、充電するデバイスが多い方はそちらもおすすめです。



先日九州旅行に行った際に実際持って行ったのですが、この電源タップと以前紹介したUSB-C/Lightning/microUSBの分岐ケーブルが特に複数のデバイスをコンパクトに充電するのに大変重宝したので併せてオススメなアイテムです。最近は窒化ガリウム採用の超小型PC充電器なども出てきていて、出先の充電環境のコンパクト化がどんどん進んでいるのは嬉しいですね。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。