ガジェットショット

ボタンの押しにくさはシリーズ最悪か。Xperia Z5 SO-01Hハンズオン

キリカ(管理人)

Xperia Z5 SO-01Hはドコモの2015年冬モデル。展示開始された展示機を触ってきました。


xperia z5 so-01h 01

Xperia Z5はXperia Zシリーズとしては初の電源ボタンの意匠変更で指紋センサーを搭載したモデル。

xperia z5 so-01h 04

まずはゴールド。

xperia z5 so-01h 02

側面の指紋センサー部分。従来の丸い電源ボタンが長く引き延ばされています。

xperia z5 so-01h 03

Z4同様、下部にmicroUSBポートを搭載。

xperia z5 so-01h 05

背面はマットなすりガラスライクな質感に。

xperia z5 so-01h 06

ボリュームキーはかなり下にきています。

xperia z5 so-01h 07

左のSD/SIMスロットのキャップ部分。

xperia z5 so-01h 08

グラファイトブラック。

xperia z5 so-01h 09

電源ボタンはシルバーになっています。

xperia z5 so-01h 10

表側。

xperia z5 so-01h 11

フレーム部分。

xperia z5 so-01h 12

グリーン。ユニークな色です。

xperia z5 so-01h 13

電源ボタンはこちらもシルバー。

xperia z5 so-01h white 1

ホワイト。すりガラス質感が似合います。

xperia z5 so-01h white 2

表側。

xperia z5 so-01h white 3

Xperia Z4以前のLollipopと比べて、スモールアプリまでしっかりアイコンが作り直されているのは評価できます。

xperia z5 so-01h white 4

シルバーのフレームを搭載したホワイトが一番電源ボタンと一体感があるかもしれません。

ハンズオン動画




新色のゴールドやグリーンは非常に良い質感で魅力的なのですが、ボタンの押しにくさが非常に気になりました。電源ボタンは指紋センサーを内包して枠から凹んでいることもあり、プチプチといった感覚でとても押しにくく感じました。ボリュームキーも下の方の押しにくい場所になっており、右手でも左手でもいまいちしっくりこない配置に。押しにくさは電源ボタンほどではないですが、良いものとはいえない感じです。カメラのシャッターキーも遊びが大きくなり、今までのXperiaユーザーは違和感を感じそうです。

Xperia Z4は搭載したプロセッサによる発熱問題がありましたが、ガワとしては軽量スタイリッシュで使い易いものでした。今回のXperia Z5はガワの質感は良いものの組み上がりが個人的にかなり低評価で、持ちにくくはないものの、毎日操作するものなのでこの操作のし辛さはいただけないかなといった感じです。

Xperia Z5の発売日は10月下旬予定。ドコモオンラインショップで予約受付中です。

Xperia Z5 SO-01H – ドコモオンラインショップ

メニュー
閉じる