ガジェットショット

ソフトバンクからCA下り165Mbps対応のPocket WiFi 303ZT/304ZTが9月26日発売

キリカ(管理人)

ソフトバンク初のキャリアアグリゲーション対応のWiFiルーター「Pocket WiFi 303ZT」とその法人向けモデル「Pocket WiFi 304ZT」が9月26日に発売されると発表されました。


pocket-wifi-softbank-303ztPocket WiFi 303ZT/304ZTはSoftBank 4G(AXGP/TD-LTE)のキャリアアグリゲーションに対応し、初の下り165Mbpsを実現したモデル。単体では2年間3,696円で利用可能で、スマ放題の通話定額回線の小回線としては2年間月額1,900円で追加する事ができます。

個人向けモデルの303ZTと法人向けモデル304ZTの違いはSoftBank 3Gネットワークへの対応。以前同機種の発表時にお伝えしたとおり、個人向けモデルの303ZTは1.7GHz帯のY!mobile(旧イーモバイル)の3G網、法人向けモデルの304ZTは2100MHz/900MHz帯のSoftBank 3Gを利用する形となっているため、LTEが利用できない郊外でのエリアに差が出る形となっています。その他の通信性能はキャリアアグリゲーションに対応した2500MHz帯のSoftBank 4G(AXGP/TD-LTE)、2100MHz帯のSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)、1700MHz帯のY!mobile(旧イーモバイル)網を利用したSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)、プラチナバンドを利用した900MHz帯の現在一部エリアで導入中のSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)をどちらのモデルも搭載しています。

キャリアアグリゲーション対応の法人向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 304ZT」、9月26日発売 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

メニュー
閉じる