ガジェットショット

SoftBank、CA下り165Mbps対応のPocket WiFi 303ZTを9月下旬以降発売へ

kirica

ソフトバンクモバイルがキャリアアグリゲーション(CA)対応のモバイルWiFiルーター「Pocket WiFi 303ZT」「Pocket WiFi 304ZT」を発表しました。


softbank-303zt
303ZTはSoftBank 4G(AXGP)のCAによって下り最大165Mbpsの高速データ通信を実現したZTE製のWiFiルーター。当初はSoftBank 4G(AXGP・TD-LTE)のみのCAとなりますが、2015年以降にはSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)のCAを開始し、下り最大187.5Mbpsを実現予定となっています。

バッテリー容量は約2,700mAhとなっており、連続通信時間は約9時間。WiFi側の規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)に対応しています。

個人向けはSoftBank 3G非対応で差別化

個人向けモデルの303ZTと法人向けモデルの304ZTが発売されますが、大きな違いはW-CDMA方式の3Gの対応周波数。個人向けモデルは1700MHzのW-CDMAしか利用できないため、SoftBank 3Gエリアには非対応。代わりにY!mobile(旧イー・モバイル)の1700MHzのエリアを利用する形になるため、LTEが届かない郊外でのエリアでの使用は厳しそうです。法人モデルは1700MHzのW-CDMAには対応せず、SoftBank 3Gの2100MHz/900MHzのエリアに対応。プラチナバンドの900MHzを含む広いSoftBank 3Gのエリアで利用でき、法人のニーズに応える形となっています。

キャリアアグリゲーションはauが先行して夏モデルのスマートフォンに導入しておりKDDI田中社長もHTCの新製品発表会でCAをアピールしていましたが、SoftBankはまずはルーターから導入して後追いする形となるようです。

キャリアアグリゲーションに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 303ZT」を開発 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

メニュー
閉じる