ガジェットショット

iOS 10.2配信開始。スクリーンショットの無音化に正式対応、カメラ撮影も音量ダウン

キリカ(管理人)

AppleからiPhone、iPad、iPod touch向けにiOSの最新バージョンiOS 10.2が正式に配信開始されました。



iOS 10.2ではマナーモードスイッチをオンにしている状態ではスクリーンショットが無音になる機能が追加。従来グローバル版に関しては同様の仕様だったものの、日本向けモデルに関してはカメラのシャッター音を強制的に鳴らす必要がある自主規制の一環として、スクリーンショットに関しても強制的に鳴る仕様でした。今回のiOS 10.2のアップデートではカメラアプリを起動中の場合を除いて、マナーモード時はスクリーンショットが無音になります。

ios-10-2-update1

また、カメラのシャッター音に関してもiOS 10で音量がアップしていたものが、今回のアップデートで元の音量に戻った模様。iPhone 6s以降のモデルではLive Photos機能を利用している場合動画の撮影開始音になるためこの大音量シャッター音に関しては若干の救いがあったものの、Live Photosが有効にならないポートレートモードやInstagramなどのサードパーティアプリでは大音量のシャッター音を強いられてきたため、これは嬉しい修正。シャッター音の修正だけでなく、設定を保持して次回起動時に持ち越すオプションも追加されています。


壁紙に関しても追加されており、iPhone 7の製品画像に用いられている壁紙が実際に利用できるようになりました。

iOS 10でシャッター音が大音量化されたこともあり、無音化できるバグが話題になりましたが、今回正式にスクリーンショットだけでも無音化が可能になり、カメラのシャッター音も控えめになったのは嬉しい修正。スクリーンショットをよく撮影する方は真っ先にアップデートをかける事をおすすめします。

メニュー
閉じる