ガジェットショット

FREETEL新製品発表会:REI・MUSASHI正式発表。SIMはLINE等のパケットが無料に

キリカ(管理人)

FREETELブランドで格安SIM・格安スマホを販売しているプラスワン・マーケティングの新製品・新サービス発表会にて、新機種のREI・MIYABIと新サービスが発表されました。


freetel event 2016 3

今回都内で行われたイベントは「新プロダクト/新展開 発表会」ということで、製品とサービス両方の発表。

freetel 01 1

FREETELは多角的に展開しており、MVNO、SIMフリー端末、実店舗など、業界をリードするSIMフリーキャリアとして展開。中国・台湾勢を抑えて端末としてもシェア1位を獲得し、最近発売したPriori 3Sも3日電池が持つスマホとして好評。

freetel 01 2

フルメタルボディのREI。

freetel 01 3

FREETEL SIMはシェア1位を獲得しており、最近発売したプリペイドも1位と好調。

FREETEL MUSASHI

freetel musashi 1

FREETEL MUSASHIの発表。

freetel musashi 2

2画面2つ折りのAndroidスマートフォン。

freetel musashi 3

畳むことでフルタッチ操作のスマホに変形します。

freetel musashi 4

CPUは1.0GHzのクアッドコア、ディスプレイは4インチの480×800のWVGAを2枚、OSはAndroid 5.1、メモリ1GB、ストレージ8GB、LTEはBand1/3/8/19に対応、カメラは800万画素/200万画素、バッテリー容量は2,000mAh、SIMスロットはmicro+microのデュアルSIM仕様となっています。

freetel musashi 5

価格は24,800円。FREETEL公式サイトにて本日より予約受付開始で、今月末に発売予定。

メッセンジャーアプリの通信料が0円に

freetel service 1

FREETELのSIMカードではLINEやWeChatなどのメッセンジャーアプリの通信量がカウントされなくなるという新サービス。先日日本に参入が発表されたChatSimの国内限定版といったところです。申し込みは不要で、既存のSIMにも適用されます。

freetel service 2

LINEではスタンプとテキストメッセージだけでなく、画像の送受信も無料になります。

freetel service 3

本日からこのサービスは開始され、既存のSIMカードにも適用されるとのこと。

新サービスFREETELでんわ

freetel service 4

月額399円から利用可能な電話かけ放題サービス「FREETELでんわ」の発表。

freetel service 5

月額399円で1分かけ放題、840円で5分かけ放題、月額0円で通話料半額のいずれかからプランが選択可能。

freetel service 6

楽天が提供している楽天でんわのように既存の電話番号からプレフィックスを介してかけるサービスなので、電話番号が変わらないのがメリット。

freetel service 7

FREETELでんわは3月25日よりパッケージ販売開始。価格は税込み980円。

0円スタートプラン

freetel service 8

大手キャリアのように端末代金を分割し、初期費用0円で利用開始できる0円スタートプランを新設。

freetel service 9

同社のフラッグシップKIWAMIの場合、月額1900円の機種代と299円からのSIMカードをセットで購入可能。また、純正のフィルム・フリップカバー・端末補償が付属します。

FREETEL REI

freetel rei 1

新機種のFREETEL REI。今回はハンズオン用の展示は無く、展示ケース越しのモックのみでした。


SIMカードの業績も好調かつ、次々と新サービス・新機種を発表するFREETELの快進撃。App Storeのみ通信料無料の既存サービスに加え、LINEなどの連絡ツールまで通信料無料となると、連絡用にFREETELのSIMで格安スマホを持つ最低コストが大幅に抑えられ、機種代も24分割で購入可能ともなると、今後アプローチできる層も広がりそうです。

FREETEL MUSASHIに関しては詳細な写真を撮影したので、追って別途記事にしていきます。

追記:MUSASHIの詳細な写真・ハンズオン動画は以下の記事から。

メニュー
閉じる