Windows Live Messenger、2013年にサービス終了しSkypeに統合

日本でも多くのインターネットユーザーに親しまれてきたWindows Live Messengerが2013年第一四半期にサービスを終了し、Skypeに統合されます。


Windows Live Messengerはスマートフォンが普及する前のインターネットではインスタントメッセンジャーツールの中では一番広く普及していたものの一つですが、現在では他のサービスに押され利用者もあまり見なくなりました。

Microsoftが昨年Skypeを買収した際にはWindows Live Messengerとの競合が懸念されていましたが、意外とあっさりと一本化を進める方針のようです。

現在SkypeアカウントとMessengerアカウントはMicrosoftアカウントに統合する事ができるようになっており、そのままSkypeで引き継いでチャットする事ができるようになっており、ビデオチャット・グループチャットなどのSkypeの機能もそのまま利用可能。詳細はSkype公式ブログから。

Skype – The Big Blog – Talk to your Messenger Contacts on Skype

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。