OS X Yosemiteの一般向けβ版は本日中に配信開始

Mac用のOS「OS X」の次期バージョン「OS X Yosemite」の一般向けのベータテストが本日中に開始するようです。


yosemite-macbook-air

YosemiteはOS Xを大きくiOS 7ライクなデザインに変更し、iOSとの連携強化を図ったバージョン。iPhoneの着信をMacで取ったり、Mac側からiPhoneのテザリングをオンにしたりと新機能が多く盛り込まれています。詳細は発表時の記事を参考までに。

今回ダウンロードできるのは先着100万名となっており、ベータテストの登録は以下のページから可能。Yosemite公開時には登録が完了したユーザーに向けてMac App Storeでダウンロード可能になるコードがメールで送信されます。インストールするMacの実機はもちろん、Mac App Store用のApple IDが必要。

OS X Beta Program

以前から開発者向けに新バージョンのベータテストを行ってきたAppleですが、OS Xでのパブリックベータは今回が初の試み。ベータ版のため、インストールしたいユーザーは万が一のためのバックアップを忘れずに。

OS X Yosemite public beta arrives Thursday

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。