iPhone 6 VS iPhone 6sベンチマーク比較!約1.6倍の性能に。デレステの起動速度も早い!

先日のiPad mini 4のベンチマーク比較記事に続き、iPhone 6sのベンチマークを取ってみました。


iphone-6-6s-benchmark

今回利用したのもいつものGeekbench 3。左がiPhone 6、右がiPhone 6s。マルチコア性能がiPhone 6が2788、iPhone 6sが4414となっており、約1.6倍の性能となっています。

うまずいブログによると先日リリースされたゲームのデレステの起動速度が大幅に高速化されており、ゲームをプレイするユーザーにとっては体感できるレベルのスペックアップになっていることがわかります。

iPhone 6とiPhone 6sのデレステ起動速度を比較してみました | うまずいブログ

搭載メモリも1GBから2GBに増量され、アプリをバックグラウンドに送ってもリリードされる事が大幅に減り、ゲームを中断してSNSを覗いてから戻ったらゲームがトップ画面に戻る、といったことがなくなったのも非常に嬉しいところ。

iPhone 6からiPhone 6sは見た目こそはマイナーチェンジに見える変化なものの、中身は大幅に進化していることが改めて体感できる機種となっています。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。