Windows 10を内蔵した「キーボードPC」が1月中旬に発売

Windows 10をキーボードに内蔵した「キーボードPC」が1月中旬より発売されます。


keyboard pc
テックウインド株式会社が発表したキーボードPCは、デジタルサイネージやPOS端末、教育現場、コールセンター向け端末などのシーンを想定したキーボード一体型PCという新しい発想の製品。キーボードにタッチパッドを搭載しているため別途マウスが無くとも操作することが可能で、ディスプレイを繋ぐだけでWindows 10搭載PCとして使い始めることが可能となっています。詳細スペックは以下のとおり。

keyboard-pc-spec

USBメモリより一回り大きいサイズのモニターに繋ぐだけでPCとして使えるスティックPCがジャンルとして確立していますが、キーボードPCは非常に斬新。スティックPCのキーボードとマウスを別途調達しなければ使えないという問題も解決する面白いアプローチなのではないでしょうか。発売は1月中旬とのことですが、ぜひ実際に触ってみたいですね。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。