UPQ、A01のストレージを8GB→16GBにしバックキーを左にした新モデル「A01X」を発表

UPQ Phone A01」を発売し話題になったスタートアップ企業UPQ(アップキュー)が、A01のマイナーチェンジ版であるA01Xを発表しました。


upq phone a01
カタログによるとA01Xは初代A01をベースに、新たに2点タッチだったタッチパネルを5点タッチに対応。ストレージを8GBから16GBに増量し、押し間違いの多かった右側のバックキーをAndroid標準の左側に配置。それ以外のスペックは従来通りとなっており、引き続きAndorid 5.1を搭載。価格は税抜1万4800円。

個人的にはAndroidで物理キーのバックキーが右側に配置されているのはGalaxyのようで右手で使う場合は便利だと思いますが、Galaxy以外は左な事を考えるとスタンダードな配置にしたほうが押し間違いが減るというのは一理ありそうです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。