MacBook風の金属ボディのUSBケーブル&Lightningアダプタ内蔵のOkitiのモバイルバッテリーを試す

Amazonでモバイルバッテリーなどのアクセサリを販売しているOkitiより、金属ボディのモバイルバッテリーをレビュー用に頂いています。


okiti-mobile-battery-01

今回レビュー用に頂いているのは10,000mAhの容量のもの。金属のボディで、本体にmicroUSBケーブルとLightningアダプタを内蔵しているのが特徴となっています。

okiti-mobile-battery-02

パッケージには本体充電用のmicroUSBケーブルが付属。

okiti-mobile-battery-03

本体を収納するスリーブも同梱されています。

okiti-mobile-battery-04

本体は金属のボディ。AppleのMacBookシリーズに近い質感となっています。

okiti-mobile-battery-05

本体はmicroUSB端子から充電する仕様。

okiti-mobile-battery-06

microUSBケーブルは本体に収納される仕組み。

okiti-mobile-battery-07

microUSBケーブルを取り出したところ。

okiti-mobile-battery-08

Lightningアダプタは側面の溝に収納されています。

okiti-mobile-battery-09

取り出すにはmicroUSBケーブルを差し込んで引っ張り出します。

okiti-mobile-battery-10

Lightningアダプタを装着して取り出したところ。


同じケーブル内蔵型のモバイルバッテリーとしては昨年レビューしたEachine Slim X3と比べると本体充電用のケーブルが内蔵されていないのがデメリットですが、サイズ感がほぼ変わらないのにも関わらず6,000mAh→10,000mAhとかなり容量が大きくなっており、Lightningアダプタも内蔵。iPhoneと併せてmicroUSB充電の併用して持ち歩くユーザーにはケーブルとバッテリーをまとめて持ち運べる便利アイテムとなっています。

金属ボディは質感が非常に良い一方で、他のデバイスと一緒に持ち運ぶとバッテリー自体が硬いため他のデバイスの傷が心配なところ。

価格は2,399円となっており、質感・10,000mAhの容量を考えると非常にリーズナブル。カラバリは今回紹介したグレーの他、ゴールドも用意されています。質感の高いケーブル内蔵バッテリーを探している方はいかがでしょうか。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。