財布に入るカード型でAirTagの「探す」が使える「Anker Eufy Security SmartTrack Card」レビュー

AppleのAirTagと同じ「探す」ネットワークをクレジットカードサイズに収めた「Anker Eufy Security SmartTrack Card」をしばらく使ってみたので、使用感を紹介していきます。


当サイト掲載の外部リンクは一部収益化している場合があります。詳細はプライバシーポリシーにて掲載しています。

「財布に入るAirTag」

今回レビューするAnker Eufy Security SmartTrack Cardは、AnkerのEufyブランドで今年新しく発売されたカード型のトラッキングタグ。先日レビューしたキータグ型の「Link」と今回レビューするカード型の「Card」がラインナップされており、取り付けるアイテムによって使い分ける事ができます。

SmartTrack Cardの最大の特徴はAppleの「探す」に対応しつつ、クレジットカードサイズに収まっているところ。AirTag同様にiPhone・iPad・Macといった世界中のApple製品を介して「探す」アプリで位置を追跡できる上、財布のカードポケットに入れる事ができ、更に置き忘れ通知も利用できるため財布の紛失対策として最も強力な製品の一つとなっています。

AirTagのようにUWBによる空間上の正確な位置の特定はできないものの、紛失時に世界中のApple製品のネットワークを使って位置情報を追跡できる点はAirTag同等。AirTagに関しては財布に入れるための補助的なカード型アクセサリと組み合わせて財布に入れやすくする方法は今までも存在していましたが、分厚い碁石のようなサイズのため入る財布が限られていました。そのため今回のSmartTrack Cardは待望の「財布に入るAirTag」と言っても良いコンセプトの製品となっています。

それでは、実際の使用感などを紹介していきます。

同梱品・本体の外観

パッケージにはSmartTrack Card本体のほか、両面テープで装着できるクリップも付属。カード型の薄さを活かして書類ケースなど財布以外の物も追跡することができます。

こちらがSmartTrack Card本体。寸法はクレジットカードサイズ、分厚さはクレジットカード2枚分。本体左側には「スマホを鳴らす」機能が使える丸い物理ボタンと、スマホからSmartTrack Cardを鳴らすための3つのスピーカーの穴が配置されています。

このボタンはアプリからロックが可能で、長押しによる誤動作を防ぐ事が可能。その場合でも二度押しでスマホを鳴らす事は可能です。

Appleの探す+eufy Securityアプリが利用可能

セットアップはAppleの「探す」のほかAnker独自の「eufy Security」アプリも使え、2つを併用する事も可能。eufy SecurityはAndroidでも使えるほか、トラッキングタグ側のボタンでスマホを鳴らす、デバイスを他人と共有するといったAppleの探すアプリには無い機能も追加で利用できるようになります。2つのアプリの比較は以下のとおり。


eufy Security

Apple 探す
持ち物を探す ⚪︎ ⚪︎
位置の特定 ⚪︎
スマホを探す ⚪︎
置き忘れ通知 Androidのみ ⚪︎
デバイス共有 ⚪︎

Androidでの利用の場合はeufy Securityアプリ単体での利用となるため、スマホ・タグを相互に鳴らせる機能・置き忘れた際の通知のみの利用でAppleの「探す」ネットワークを使った位置情報の追跡は利用できなくなるので注意。

Tileと違い置き忘れ通知に月額料金が不要

今回SmartTrack Linkを導入する前は同じカード型のTile Slim (2022)を使っていましたが、置き忘れ通知の「スマートアラート」を利用するには有料サブスクリプションサービスのTile Premium(月額360円、年額3,600円)が必要でした。

この置き忘れ通知は非常に重要な機能で、過去に財布を忘れて家を出てしまった時に電車に乗る前に通知で気付く事ができたりと、実際に救われた事が何度かあります。

使えるのであれば積極的に有効化しておきたい機能なので、これがAirTag同様月額費用無しで使えるのは非常にありがたいポイントです。

財布用のトラッキングタグとしては決定打

AirTagやTileをはじめ物の紛失対策に使えるトラッキングタグは各社様々な製品が出揃ってきましたが、今回登場したAnker Eufy Security SmartTrack Cardはその中でも財布用としては決定打と言える製品です。

AirTagのUWBを使った機能

Apple製品のネットワーク+UWB+置き忘れ通知を兼ね備えたAirTagの追跡性能は他の追随を許さないものですが、実際財布に入れるとなると分厚さがネック。その点今回のSmartTrack Cardは分厚さの問題をカバーしており、UWBによる正確な位置の特定は失うものの、他の機能はAirTag譲りで安心。また実際AirTagと両方使っている体感としてもUWBは便利ながらあくまで補助的な機能であり、音を鳴らす機能さえあれば機能的には十分な事がほとんどです。

実は同様にカード型かつAppleの「探す」に対応したトラッキングタグは「Chipolo CARD Spot」が2022年9月に登場していましたが、こちらはAppleの「探す」のみ対応でした。対してSmartTrack Cardは独自のeufy Securityアプリの併用によって「スマホから財布」だけでなく「財布からスマホ」も探すことが可能になっており、ChipoloやAirTagには無いメリットも備えています。

価格面でも3,990円と競合と比べてリーズナブルな設定で、AirTagの4,780円、同じカード型のChipolo CARD Spotの4,999円やTile Slimの5,780円と比べてもかなりの割安。更にTile Premiumといった月額サブスクリプション無しに置き忘れ通知も利用でき、お財布にやさしい製品となっています。

ただ電池の寿命は最大3年となっており、交換も不可能なので、1年あたり1,330円の使い切りになるのが非カード型のトラッキングタグと比べると懸念点ではあるところ。小銭入れなどのポケットに厚みがある財布など、薄さが必要無い場合であればより低価格で電池交換もできるキータグ型のSmartTrack Linkがおすすめです。

財布用のカード型トラッキングタグとしては決定打と言えるSmartTrack Card。おすすめ度はかなり高い一方で、人気ゆえに2023年2月の発売から4月現在まで継続して品薄状態が続いているのだけが難点でしょうか。インパクトの強い製品なので、配送待ちになるとしても是非押さえておきたいアイテムです。


鍵、財布、バッグ、スーツケースなどの用途別におすすめの紛失防止タグは「おすすめの紛失防止タグまとめ」の記事で紹介しているので、選定に迷っている方は是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事
アバター画像

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!