GPD、7インチのコンパクトPC「GPD Pocket」を2017年内投入に向けて開発中

5.5インチのWindows 10搭載ゲーム機「GPD WIN」で2016年話題になったGPDが、今年はノートパソコンを投入するようです。



GPD WINの公式Facebookページによると、GPD WINに続く製品として「GPD Pocket」を年内の投入に向けて開発中とのこと。スペックとしてはGPD WINと同じくCPUにAtom x7-Z8700、4GBのRAMを搭載しつつ、ストレージは64GBから128GBに増量、画面サイズは5.5インチから7インチまで拡大しつつも、狭額縁でポケットに収まるサイズになるとのことです。バッテリー容量は7000mAhを予定。

GPD WINに搭載されていたゲームパッドは取り払われるものの、キーボードはその分大きくなり、ポインティングデバイスもキーボード下に装備しています。

超小型サイズのWindowsマシンという所でギークの心を掴んだGPD WINですが、ゲームパッドを取り払いキーボードを拡大することでゲームユーザー以外にも使いやすいモバイルPCとして小型Windowsカテゴリを盛り上げてくれるのは胸の高まりを隠せません。続報に期待したいところです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。