ドコモ光のGMOとくとくBBのキャッシュバック案内は「基本メールアドレス宛」に届くので注意

昨年引っ越しの際に契約したGMOとくとくBBのドコモ光のキャッシュバックを受け取っていなかったので問い合わせてみたところ、無事解決できたので経緯を書いていきます。


GMOとくとくBBは固定回線「ドコモ光」で選べるプロバイダの一つ。キャッシュバック特典が充実しており、契約時に同時にコンテンツをセットで契約することでキャッシュバックを増額することができます。

事の経緯

2020年7月にdアニメストアセットで10,000円CB条件で契約

契約したのは2020年7月(工事は9月)。GMOとくとくBBのドコモ光のキャッシュバック条件の中に「dTVまたはdアニメストア同時契約で10,000円」という物があり、今回は元から契約しようと考えていたためdアニメストアを同時契約しこの条件を選択。

10,000円のキャッシュバックは口座登録案内に従って振込先口座情報を登録し、契約から4ヶ月後に銀行振り込みで支払われるという内容。この口座登録案内は「基本メールアドレス宛」に届くという事でした。

「基本メールアドレス」はGMOのアドレスのため未設定で見落とす

なんとなく読み流していた「基本メールアドレス宛に案内する」という文面。この基本メールアドレスとはGMOをプロバイダ契約をした際に発行されるGMOのメールアドレスで、*@*.gmobb.jpといったアドレスのもの。任意のメールソフトで受信設定をする、あるいはGMOの提供するWebメールシステムで利用することができますが、受信されたメールは180日で削除されてしまうという仕様となっています。

忘れた頃に自分の連絡先のGmailあたりに案内が来るだろうというゆるい認識のまますっかり存在を忘れていましたが、契約から1年以上契約した2021年8月に調べてみたところ「GMOのアドレス宛に案内が届く」「GMOのアドレスは180日でメールが消える」「契約から4ヶ月は180日以上前なので案内メールごと消えている」という事が発覚。

更には詳細な期限は分からないものの、届いていたであろう案内の口座登録にも短期間の期限が設けられていたはずなので、タイミング的にはキャッシュバック受け取りは完全に手遅れ。

完全に自分の落ち度ではあるものの、どういった扱いになるのか気になったので「GMOとくとくBBお客さまセンター」に詳細を問い合わせてみました。

特例措置で追加で口座登録案内の流れに

問い合わせの結果としては2020年12月にGMOのアドレス宛に送信された案内メールは既に登録期限が経過しておりキャッシュバック特典が適用されていない事が分かったものの、ありがたい事に社内検討の結果特例措置でキャッシュバックを頂ける事になりました。

問い合わせの回答と同時にGMOの基本メールアドレス宛に口座登録案内が届いており、そこから銀行口座を登録する事で浴月末にキャッシュバックが振り込まれるという流れ。なお、その案内に関しては有効期限は7日間でそれを過ぎると無効になるとのことでした。

GMOとくとくBB契約時はメールアドレスを忘れず設定しましょう

今回はお客様サポートの特例で事なきを得ましたが、もしキャッシュバック条件付きでGMOとくとくBBを契約する場合は必ず「基本メールアドレス」の設定を忘れず行い、期限内にキャッシュバックを受け取るようにするようにしましょう。

GMOとくとくBBドコモ光申し込みから開通までの流れ

今回契約したGMOとくとくBBのドコモ光を実際に申し込んでから開通するまでの流れは別記事にて体験談として掲載しています。これから契約を検討している方は是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。