Android用IME「Simeji」を中国バイドゥが買収、買収額は数億円か


中国大手検索エンジン会社Baidu(バイドゥ)が、
Android用の日本語入力システム「Simeji」を買収しました。

バイドゥ株式会社がアンドロイド用日本語入力システム『Simeji(シメジ)』の事業を取得

Simejiは初期の頃からAndroid用日本語入力システムとして人気を博しており、
無料の物の中では実質デファクトスタンダードとなっていました。

マッシュルームというプラグインシステムを実装しており、
これはATOKを含む多くの他のIMEにも実装されており、
こちらもAndroid上の日本語入力では実質標準となっています。

Baiduは現在開発してシェアを伸ばしているBaidu IMEと併せて、
Simejiとの一元化を進めていくとの事です。

買収金額は数億円と見られており、
個人開発のAndroidアプリの買収としては、
非常に大規模な成功例と見られます。

via Andorid向け日本語入力のSimejiをバイドゥが買収

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。