GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01DのAndroid 4.0 ICSアップデート、28日より提供開始

ドコモGALAXY Tab 10.1 LTE SC-01DにAndroid 4.0のアップデートが今週8月28日の午前10時から配信開始されます。

2011年10月15日に発売されたこの機種のOSバージョンはAndroid 3.2 Honeycombであり、Xi2割やプラスXi割などのドコモの二回線目の優待キャンペーン展開によりタブレットとしては多くの所有ユーザーを抱える人気機種なだけに、今回の多くのユーザーにとって待望のメジャーアップデートなのでは無いでしょうか。

Android 2.X系列はスマートフォン、Android3.X系列はタブレットに特化したバージョンであり、今回配信されたAndroid 4.0 (Ice Cream Sandwitch)はスマートフォンとタブレット両方を統合したバージョン。

Android 4.0でBluetoothポインティングデバイスやキーボードの対応が強化されているため、キーボードを接続したパソコンライクな使用スタイルがより快適なる事が期待できます。

GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。