ガジェットショット

MacBook ProのSDスロットに収まる128GBの追加ストレージ「JetDrive Lite」レビュー

kirica

13インチMacBook Pro用のJetDrive Lite 330をしばらく使ってみたのでレビューを。


jetdrive lite 330 1

JetDrive LiteはTranscend社が販売しているMacBook Pro/MacBook Air用の外部ストレージ。SDカードスロットに収まるサイズとなっています。今回購入したのはMacBook Pro Retina 13inch用のJetDrive Lite 330 128GBモデル。

jetdrive lite 330 2

パッケージの中身。

jetdrive lite 330 3

microSD、通常サイズのSDカードと並べたところ。

jetdrive lite 330 4

13インチProはSDスロットが浅いので、サイズはかなり小さめとなっています。

jetdrive lite 330 5

奥まで挿入するとツメの部分がぴったりSDスロット周りを埋める形になり、カジュアルに取り出すには指の爪を入れるスペースも無いので注意。逆に間違って引っ掛けて抜いてしまう事はまず無さそうです。

jetdrive lite 330 6

上部から見たところ。ツメの部分の厚さはほとんどありません。

ベンチマーク

jetdrive lite 330
Blackmagic Disk Speed TestでJetDrive Liteのベンチマークを計測したところ。書き込み53.4MB/s、読み込み83.2MB/sという数字は内蔵ストレージには勿論及ばないものの、多くのmicroSDカードよりは良い数字が出ており、iTunesやiPhotoのライブラリなどを保管するMacで常用する外部ストレージとしては十分実用的といったところです。


MacBook ProはApple Online StoreでSSDを増量して購入できるものの、大容量モデルは非常に高価。ストレージ容量だけをお手軽に増やしたい場合JetDrive Liteは128GBモデルでも現在Amazonでの価格が11,393円とカスタマイズモデルと比較してお手頃となっており、圧縮音源のストレージやバックアップ用など読み書きのスピードをそれほど要求しない用途であればコストパフォーマンスに優れておりオススメです。

逆に仮想マシンや編集用の動画・写真ライブラリなど読み書きの速度を要求するのであれば、秋葉館で販売されている純正SSDを購入してスワップするのが高価ながら正解かもしれません。2013年よりも前のモデルのMacBook Proに関してはJetDriveなどサードパーティの交換用SSDが利用できたものの、2013年以降のモデルではそれが不可となっているため、そういった選択肢しか残されていないのが悩ましいところです。

Transcend Macbook Pro専用 SDスロット対応拡張メモリーカード JetDrive Lite 330 128GB for Macbook Pro with Retina display 13″ (Late 2012 – Late 2013) TS128GJDL330

メニュー
閉じる