ガジェットショット

Galaxy S6 edgeの背面が見える透明バンパー「ネオ・ハイブリッドCC」レビュー

kirica

スマートフォンアクセサリを販売しているSpigenさんから、Galaxy S6 edge用のケース「ネオ・ハイブリッドCC」をレビュー用に頂いたので紹介していきます。


neo hybrid cc galaxy s6 edge 01

ネオ・ハイブリッドCCは人気のバンパーケース「ネオ・ハイブリッド」シリーズの派生モデルで、CCは「クリスタル・クリア」の略。内側の耐衝撃ソフト素材が透明のものとなっており、Galaxy S6・Galaxy S6 edgeの背面の光沢感を活かしつつ全体を保護することができます。

開封/装着動画



外観

neo hybrid cc galaxy s6 edge 02

こちらがネオ・ハイブリッドCC本体。パッケージから出した状態では両面に保護フィルムが貼り付けられているので、これを剥がしてから装着します。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 03

ケースを装着する前に貼り付ける背面保護フィルムが付属します。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 04

先日写真で紹介したGalaxy S6 edgeのグリーンエメラルドに装着したところ。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 05

側面の細い部分にNEO HYBRIDのロゴがエンボス加工されています。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 06

側面のボタン部分は透明素材ががハード素材のフレームから顔を出す構造となっています。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 07

上部。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 08

左側面。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 09

下部はポート周りが広く取られているのはケーブルが使えない心配が減って嬉しいですね。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 10

このケースの特徴でもある背面。透明です。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 11

光が差すと綺麗に反射するギミックがしっかり活きるケースです。

ネオ・ハイブリッドとフレームの互換性あり

neo hybrid cc galaxy s6 edge 12

先日タッチ&トライイベントにて実機でレビューしたネオ・ハイブリッドのフレームを装着したところ。フレームと内側のパーツがそれぞれ互換性があるので、付け替えて複数の組み合わせを楽しむことができます。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 13

背面。ガンメタのフレームも良いですね。

neo hybrid cc galaxy s6 edge 14

逆にネオ・ハイブリッドの内側の素材にネオ・ハイブリッドCCのフレームを装着することもできます。


元々ネオ・ハイブリッドはGalaxy S6 edge用のケースとしては持ちやすさと保護性能、デザインが高い次元でバランスが取れている製品ですが、ネオ・ハイブリッドCCは更にそこから背面の質感が見える仕様になっており、Galaxy S6特有の背面が見えないという弱点が無くなり完成度が上がっています。あえて辛口な評価をするとすれば厚みのあるTPU素材を挟むため手前の層が光を反射して光沢感が少し変わってしまいますが、耐衝撃性に定評のあるネオ・ハイブリッドの保護性能とデザイン性の両立という点ではバランスが良く取れており、とてもおすすめできるケースに仕上がっています。

Galaxy S6 Edge ケース, Spigen® [二重構造 スリム フィット] ネオ・ハイブリッド CC Galaxy S6 Edge Case (国内正規品) (2015) (ブルートパーズ 【SGP11527】)

メニュー
閉じる