ガジェットショット

スマホの片手持ち補助・車載・卓上スタンドに使えるオシャレな「スタイルリング」を試す

kirica

スマートフォンの背面に吸着させることで片手持ちを補助しつつ使いやすくできるSpigenの「スタイルリング」を買ったので紹介していきます。


spigen style ring 01

こちらがパッケージ。かなり小さい箱に入っています。

spigen style ring 02

リング本体とカーマウンターのフックが付属します。

spigen style ring 03

袋から出したところ。

spigen style ring 04

背面は両面テープとなっており、リング側は様々な機種に対応できるよう少し厚みのあるジェルとなっています。

バンカーリングと比較

spigen style ring 06

スマホ背面用のリングとしては王道のバンカーリングと並べて比較してみました。こうやって並べてみるとバンカーリングと比べて圧倒的にオシャレですね。最近のSpigenのデザインチームは良い仕事をしていると思います。見た目だけでもこちらを選ぶ価値がありますね。

スタンドとして利用する

spigen style ring 07

スタイルリングのリング部分は卓上のキックスタンドとしても利用できます。また、リング部分の端がフラットになっているので、卓上でも安定感があります。後発だけあって、こういった細かい部分に考慮してデザインされているのは既存の製品をよく研究して作っているなといった感じ。縦でも横でも使えますが、個人的に縦置きでスタンド機能を使って寝かせて使うスタイルが意外としっくりきました。

車載カーマウンター機能を試す

spigen style ring 08

今回偶然マツダのCX-5を運転する機会があったのでついでにスタイルリングの車載機能を試してみました。カーナビの右下の部分にフックを付けると良い感じに装着できます。

spigen style ring 09

縦置きしたところ。

spigen style ring 10

もちろん横置きにも対応。

spigen style ring 11

背面のフックはこんな感じで付いています。


余談になりますが、以前Spigenの実店舗にお邪魔した際にスタッフさんとバンカーリングのような製品がSpigenのデザインで出たら嬉しいという話をしていたことがありました。それが実際にこうやってスタイリッシュな形で世に送り出されるとリクエストした身としても嬉しい限りですね。Spigenさんは以前iPhone 6のサードパーティのレザーケースが気に入っているという話から本当にレザーケースを製品化してくれたこともあったりと、ユーザーの声を積極的に取り入れて製品開発に取り組んでいるメーカーでとても好感が持てます。

今回のスタイルリングは他社のスマホリング系アクセサリと比べてもスタイリッシュかつ実用的に仕上がっており、大きなスマートフォンを確実に持ちやすくできるアクセサリとして新しい定番アイテムになるのではないかと思います。

カラーはブラック・ホワイト・ローズゴールドの3色展開で、価格は1,690円。iPhone 6s Plusなどの大画面端末を使っている方は是非お試しあれ。

メニュー
閉じる