名古屋Xperia X Performance タッチ&トライアンバサダーミーティング参加レポート

名古屋Xperia X Performance タッチ&トライアンバサダーミーティング参加レポート

メカニック

xperia event mechanic 1

続いてメカニックの話。

xperia event mechanic 2

今回採用されたアルミの背面パネルは白黒がヘアライン加工、2色のゴールドがサンドブラスト加工となっています。通常は同じ機種は1種類の金型で作られるところ、Xperia X
Performanceはこの2種類の加工の違いで寸法に差が出ないように金型を2種類用意してこだわって作っているとのこと。

アンテナ部分はフレームの内側の樹脂パーツに埋め込むことによって、極力背面のアルミの影響を受けずに通信する事ができるようになっています。

xperia event mechanic 3

前面に2.5Dのラウンドガラス、背面のメタルの絞りを湾曲させる事によって連続した持ちやすいカーブを実現したラウンドデザインに仕上げています。また、背面のメタル部分は小さなR(曲面)を施す事によってエッジがフレームとシームレスに繋がるようになっています。

xperia event mechanic 4

従来は割線のあったフレームが、コの字に端末に回りこむ一体のパーツとなった事で連続した割線の無いデザインに仕上がっています。この点は組み立ての工程を変更する事で実現できたとのこと。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。