ガジェットショット

Xperia X Performanceの前面搭載のFeliCaは裏面からも利用可能 ※一部では不可

kirica

Xperiaアンバサダー企画でお借りしているXperia X Performanceですが、FeliCa・おサイフケータイのアンテナ位置が特殊なため、実際に使って検証してみました。


xperia x performance felica 2

Xperia X Performanceは背面が金属となっているため、FeliCa/NFCが前面の画面上部に配置されています。そのため製品画像を見る限りは一見FeliCaのリーダーに画面を向けてタッチしなければならないように見えますが、背面から本当に利用できないのかどうか検証してみました。

xperia x performance felica 1

結論から言うと、利用できました。ただし、一部利用できないシーンもありました。背面からタッチした際に利用できたのは改札やコンビニ、飲食店などのFeliCaリーダー。これらは背面が金属であってもXperia X PerformanceのFeliCaを読み取るに十分な出力のリーダーのようです。逆に、利用できなかったのは自動販売機に搭載されていたEdy。こちらは出力不足なのか、表面からタッチしなければ反応しませんでした。背面から読み取れなかったケースは自動販売機のみで、失敗してタッチし直すと後ろを待たせてしまうような電車やコンビニといったシーンでは問題なく利用できるようなのでひとまず安心といったところです。

実際にXperia X Performanceを日常的なおサイフケータイとして使ってみた感想としては、ほぼ全ての場所で背面の先端のタッチで利用できるため、むしろ背面に搭載されている多くの機種よりも使い勝手が良い位置にあると感じました。今期ライバルにあたるGalaxy S7 edgeは背面中央横という非常に使いづらい位置にFeliCaが搭載されているため、おサイフケータイを多用するユーザーであればXperiaの方が使い勝手は良さそうです。

Xperia X Performanceは国内ではドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから6月24日に発売予定となっています。予約・購入は以下のリンクから。

メニュー
閉じる