ガジェットショット

iPhone XにはないiPhone 8限定色「ゴールド」を写真でレビュー

kirica

先日iPhone 8のシルバーの外観を紹介しましたが、ゴールドの写真も撮る機会があったので紹介していきます。




こちらがiPhone 8のゴールドの前面。



フレームの色はどちらかと言えば「ブロンズ」に近い印象です。



端子パーツの色なども本体色に統一。近年のiPhoneで端子色が本体色と異なるシルバーだったのはiPhone 7のレッドが最初で最後だったようです。



こちらが背面。白にうっすらクリーム系の色が乗っかったような色になっています。



カメラのリング部分。



ホームボタン。



先日レビューしたシルバーのiPhone 8と比べると同じ白から暖色系、寒色系にそれぞれ振った背面という印象です。




今回iPhone 8、iPhone 8 Plusで導入された新しい「ゴールド」ですが、iPhone Xには現在ラインナップが予告されていません。このゴールドが欲しければiPhone 8、あるいはiPhone 8 Plusという事になります。シルバーの方はAndroidスマートフォンと間違えそうなオーソドックスなホワイトとシルバーのツートンカラーですが、こちらのゴールドはスマートフォンとしてはかなり珍しい配色。3色のカラバリのうちiPhone 8だとひと目で分かるのは間違いなくこのゴールドだと言えます。好みが分かれそうな色ではありますが、上品かつユニークな色にまとまっていると思います。

iPhone 8、iPhone 8 Plusは各社オンラインショップで機種変更可能。店舗にて入荷待ちという方も覗いてみてはいかがでしょうか。購入は以下のリンクから。

メニュー
閉じる