ガジェットショット

iPhone Xシルバー外観レビュー、iPhone 8と比較して金属部分が光沢質感に。

kirica

iPhone Xのシルバーを購入したので早速外観を写真で紹介していきます。




今回購入したのはシルバーのiPhone X。フロントの画面周りのベゼルはシルバー・スペースグレイどちらも黒となっており、異なる部分はフレームと背面の色となっています。



背面。iPhone 8同様、シルバーというよりホワイトに近いかもしれません。



iPhone 8/iPhone 8 Plusと大きく違うのがフレームの質感。ステンレス製の光沢のあるフレームとなっており、つや消しのiPhone 8シリーズとは大きく異る部分です。



左側面。従来通りマナーモードスイッチとボリュームキーが配置されています。



右側面は電源ボタンが従来のiPhoneと比べると大きくなっているのもポイント。



カメラ部分は2つのレンズを囲む枠が垂直に盛り上がっており、従来の傾斜した側面からデザインが変更されています。



シルバーのiPhone 8と並べたところ。サイズ感はあまり大きく変わりません。



フレームやレンズ周りの金属が全てつや消しから光沢に変更されており、下位モデルはつや消しのアルミ、上位モデルは光沢のステンレスというApple Watchシリーズのデザインを引き継ぐ形で差別化がされています。



iPhone 7 Plus、iPhone X、iPhone 8で並べたところ。従来の5.5インチのPlusシリーズよりも大きい5.8インチの縦長ディスプレイを搭載しているiPhone Xですが、4.7インチのiPhone 8をやや大型化し縦に伸ばしたサイズ感となっています。




無事発売日に購入できたので取り急ぎ外観を紹介しましたが、デザインのポイントとしてはフレームの光沢感は人によって好みが分かれるところかもしれません。個人的にはシルバーの白い背面はつや消しフレームを採用したiPhone 8の方が一体感があると感じました。

今回ホームボタンが無くなった事で操作がジェスチャーを中心のものに一新されているため、買ったすぐの印象としては正直まだ良くわからないといった感じ。しばらく使ってみて追ったインプレッションを書いていこうと思います。

メニュー
閉じる