ガジェットショット

NTTドコモ「ケータイ補償サービス」の料金を2014年冬モデルより値上げ

kirica

NTTドコモは、携帯電話の水没・故障・紛失などの際、翌日・翌々日に同一機種を郵送してくれる「ケータイ補償サービス」の料金を2014年冬モデルより値上げする事を発表しました。


keitai-hosho
従来はケータイ補償サービスは従来は月額380円で加入でき、利用する際は1回目が5,000円、2回目8,000円といった料金形態でしたが、2014年冬モデルからはこれが値上げ。月額は500円となり、補償を利用する際の料金は1回目も2回目も一律して7,500円となりました。なお、iPhoneシリーズの料金に関しては別枠で設定されており、今回の値上げの対象外。

ケータイ補償サービスは機種を紛失しても全損しても1回目は5,000円、2回目は8000円払えば同一機種が補填されるため、万が一の事態の際には安心できるサービス。他社には同様のコストパフォーマンスのサービスは無く、これを目当てにドコモを使うユーザーも多いのではないでしょうか。

今回の値上げの理由としては「スマートフォンの高機能・高価格化・ディスプレイの大型化を踏まえ」とのことですが、昨年の冬モデルから「外装交換」にもこのケータイ補償サービスの加入が必須となっており、今後の機種に関して通話定額プランのカケホーダイプランが月々サポートの割引の適用に必須なため二重の料金増加になってしまい、全体的なユーザーの支払額は上昇する一方になりそうです。

ドコモからのお知らせ : 「ケータイ補償サービス」のサービス内容と「電池パック安心サポート」の提供条件変更について | お知らせ | NTTドコモ

メニュー
閉じる