ガジェットショット

iPhone 6/6 PlusにてiOS 8.0.1で「圏外になる」「Touch IDを認証しない」等の不具合が発生、Appleはアプデ撤回

kirica

本日早朝に提供開始されたiPhone 6、iPhone 6 Plusを含むiOS 8対応機へのiOS 8.0.1アップデートですが、「圏外になる」「Touch IDを認証しない」などの問題が発生したためアップデートが一旦撤回されています。


ios-8-update
今回問題が発生したのは最新のiPhone 6/iPhone 6 Plusのみ。それ以外の機種に関してはアップデート後も問題無く動作しているようです。iPhone 6/iPhone 6 Plusに限っては圏外になって通信できなくなったり、指紋認証のTouch IDを認識しなくなったりと致命的な不具合を起こしていた模様。

これを受けてAppleはアップデートを撤回。現在iOS 8.0のユーザーがアップデートを試みると、最新バージョンと表示されるようになっています。一度iOS 8.0.1に上げてしまったユーザーは、パソコンのiTunesから「復元」を行いiOS 8.0に戻す必要があります。

パソコン不要でOTA配信でiOSのアップデートが可能になって便利にはなりましたが、こういった通信不能になる不具合が配信されてしまうとパソコンの無いユーザーにとってはかなり辛い状況なのが無いユーザーはどうしようもする事ができなくなるOTA配信のアップデートに関しては十分な検証のもと配信してほしいものです。

Apple、「iOS 8.0.1」アップデートを撤回 「問題を調査中」 – ITmedia ニュース

メニュー
閉じる